FAQでは、お客様より多く寄せられるご質問をご覧になることができます。
FAQをご覧いただいても解決されない場合は、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡ください。

スペースで区切って複数語検索が可能です

検索結果0
  • よくあるお問い合せ

    • 「トート」と「ソウルストリーム」の能力の組み合わせについて

      Shadowverseでは「能力の処理中に発生した新たな能力の処理は割り込まない」ルールがあります。

       

      そのため、「ソウルストリーム」のエンハンス能力「それぞれ名前の異なるネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す」で、場に出たフォロワーは「ラストワード 相手のリーダーに2ダメージ」を持たずに破壊されます。

    • 「トート」と「幽霊支配人・アーカス」の能力の組み合わせについて

      リーダーが持っている「幽霊支配人・アーカス」の能力は「フォロワーをプレイしたとき」に働きますが、リーダーが持っている「トート」の能力は「自分の場にフォロワーかアミュレットが出るたび」に働きます。
      「プレイしたとき」に働く能力は、「場に出るたび」に働く能力より先に働きます。
      そのため、リーダーが持っている「トート」の能力より「幽霊支配人・アーカス」の能力が先に働きます。

       

      また、Shadowverseでは、「能力の処理中に発生した新たな能力の処理は割り込まない」ルールがあります。
      そのため、コスト3以下のフォロワーをプレイしても、場に出たフォロワーは「ラストワード 相手のリーダーに2ダメージ」を持たずに破壊され、「ゴースト」が場にでます。

    • 「破壊を齎す者・ヴィズヤ」に能力により相手のリーダーの体力が2になった後、「危険な発明品」のターン終了時能力が働かない

      「ターン終了時」に働く能力は、「ターン終了」ボタンを押したタイミングで一斉にチェックが働く仕組みです。

      ターン終了時に相手の体力が10より大きい場合、「破壊を齎す者・ヴィズヤ」の能力と「危険な発明品」の能力が同時にチェックを開始します。そのため「破壊を齎す者・ヴィズヤ」の能力で相手の体力が2になった場合でも、「危険な発明品」のターン終了時能力は働きません。

    • 「森の姫・ミストリナ」や「ハルバードウルフ」のファンファーレ能力が働かない

      ファンファーレ能力は「PPを消費してプレイしたカードが『手札から場に出たとき』」に働きます。

      対戦相手の場にフォロワーが1体、自分の場にフォロワーが0体の状況で「森の姫・ミストリナ」や「ハルバードウルフ」をプレイした場合、相手の場と自分の場のフォロワーの数が同じとなります。

      そのため、「『相手の場のフォロワーの数』が自分より多い」という条件を満たしていないため、「自分のPPを回復する」能力は働きません。

       

    • 「慈愛の翅・ティスタ」の能力について

      攻撃力と体力の値は、一度該当のカードを手札に戻した場合、元に戻ります。

       

      そのため、自分のリーダーが「自分のターン中、自分のデッキ以外から手札にフォロワーが加わるたび、そのフォロワーを+1/+1する」の能力を持っているときに、2回手札に戻したフォロワーは+2/+2されず、元の攻撃力と体力の値に+1/+1されます。

       

      なお、「慈愛の翅・ティスタ」によって自分のリーダーが持つ能力は【自分のターン中】にのみ働く点に、ご注意ください。

    • 【Steam版】Nowloadingと表示されクリスタルが購入できない

      Steam側生じている可能性があるため、次のページをご確認いただきたいこと

      【Steam Support】
      https://support.steampowered.com/kb_article.php?ref=9394-yofv-0014
      ※Shadowverseで実装しているものではないため、お問い合わせいただいてもお答えはできかねます。

      ・なお、上記ページをご確認いただいても事象が解消されない場合は、次の2点をご記載のうえ、Steamまでお問い合わせください。
      1. Steamアカウント名
      2. 事象が生じた際のスクリーンショット

  • 現在確認している不具合

    • アプリで発生している不具合

      <「絢爛の紡ぎ手・コルワ」の「リーダーが持っている能力」の表示について>

      エルフクラスのフォロワー「絢爛の紡ぎ手・コルワ」をプレイした後、「リーダーが持っている能力」の表示に本来表示されない「4ターン目かそれ以降のターンで、」の一文が表示される現象を確認しております。

      本件は「リーダーが持っている能力」の表示のみの不具合です。ゲーム内での能力の挙動は正常であることを確認しております。今後のアップデートで「リーダーが持っている能力」の表示を修正する予定です。

       

      <BGMやムービーの再生中に途切れたりノイズが発生したりすることがある現象について>
      BGMやムービーの再生中に途切れたりノイズが発生したりすることがある現象を確認しております。
      メモリ負荷が原因で上記の現象が発生した際は、実行中の他のアプリをすべて終了することで問題が解消される場合がございます。

       

      <優勝者予想キャンペーンにおいて、Twitterやwebへ2回以上遷移すると正常に投票が行えない現象について>
      優勝者予想キャンペーンにおいて、Twitterやwebへ2回以上遷移し、投票を行うと「お手数ですが、時間をおいて再度お試しください。」と表示される現象を確認しております。

      上記の状態になった場合、再度投票を行うことで正常に投票を行うことができます。

       

      また、Twitterやwebへ2回以上遷移した後に、一度ダイアログを閉じ、再度投票を行うと正常に投票を行うことができます。

      正常に投票が行えている場合、バナーをタップすると投票した選手の画像が表示され、「投票済です。」という文言が表示されます。

       

      <プレイしようとしたカードが画面左上で固定される不具合について>

      プレイしようとしたカードが画面左上で固定されてしまい、そのカードをプレイできない不具合が稀に発生することを確認しております。

       

      下記の操作を行うことで、不具合が発生する場合があることを確認しています。

      自分の場のフォロワーで攻撃した後すぐにカードをプレイし、そのプレイしたカードが画面左上へ移動している途中で、バトルメニューを開く。

       

      【例】
      「ウォーターフェアリー」が自分の場にいる場合
      1. 「ウォーターフェアリー」で攻撃する
      2. 上記の「ウォーターフェアリー」が攻撃してすぐに「フェアリー」をプレイする
      3. 「フェアリー」が画面左上にあるとき、「バトルメニュー」のボタンを押す
      4. 「フェアリー」が画面左上で固定され、プレイできないことがある

       

      <プレイしたカードが画面左上で重なり操作できなくなる不具合について>

      プレイしたカードが画面左上へ移動している途中で、対象を選択せずに場のカードを手札に戻す能力を持ったカードを素早くプレイした際に、画面左上でカードが重なり、操作が行えない状態になる現象を確認しております。

       

      【例】
      1. 「フェアリー」を連続して2枚以上プレイする
      2. 上記のフェアリーが画面左上へ移動している途中で「エンシェントエルフ」をプレイする
      3. 操作が行えなくなります

       

      ■対象カード
      ・エンシェントエルフ
      ・キングエレファント
      ・シンデレラ
      ・根源への回帰
      ・妖精の奔流

       

      上記の状態になった場合、ゲームを終了し制限時間内にバトルを再開することで、問題が解消されることを確認しております。
      上記に関しては今後のアップデートで修正を行う予定です。

       

      <バトルの再開機能が稀に機能しない現象について>
      バトルの再開機能に不具合が生じており、稀にバトルを再開することができなくなる現象を確認しております。
      6月29日のアップデートにて一部修正を実施しましたが、現在も同様の現象が生じる可能性がございます。

       

      引き続き調査を行い、修正を行ってまいります。

  • ゲームプレイ全般

    • 生成できないカードがあります。

      カードには、「ノーマル」「プレミアム」「プライズ」「ベーシック」「テンポラリー」の5種類があり、プレミアムカード、プライズカード、ベーシックカード、テンポラリーカードはカード生成ができません。

       

      プレミアムカードは、カードパック購入時に確率で出現します。

      また、直接カード生成はできませんが、プレミアムカード生成でノーマルカードをプレミアムカードにすることが可能です。

       
      プライズカードは、イベントや構築済みデッキなどから獲得できます。

       

      ベーシックカードは、ゲーム開始時から所持しているカードのほか、ゲームの進行状況によって獲得することができます。
      ベーシックカードの獲得条件に関しては攻略情報となるため、個別でのご案内は行っておりません。

       

      テンポラリーカードは、使用できる期間がある特殊なカードです。期間中であれば、通常のカードと同じようにデッキに編成し、バトルで使うことができます。
      テンポラリーカードはカード生成をできない他、カード分解やプレミアムカード生成もできません。

    • 特定のカードを誤って分解しないようにしたいです。

      下記手順にて、カードのお気に入り登録ができます。
      ・「カード」>「カード一覧/生成」>カード詳細画面で「☆」を押下

       

      お気に入り登録すると分解ができなくなるため、誤って分解することを防止できます。

    • 分解できないカードがあります。

      お気に入りカード、プライズカード、ベーシックカード、テンポラリーカードはカード分解ができません。
      本来カード分解が行えるはずのカードを分解できない場合は、上記のいずれかに該当していないか、ご確認ください。

       

      お気に入りカードは、お気に入り登録を解除することで分解を行えるようになります。
      下記の手順で、お気に入り登録を解除できます。
      ・「カード」>「カード一覧/生成」>お気に入り登録しているカードのカード詳細画面で「☆」を押下

    • Master Pointが0になりました。

      Master Pointは毎月1日午前9時にリセットされ、0からスタートします。

    • 「先攻」「後攻」の違いについて

      「先攻」と「後攻」では、「1ターン目に引くカードの枚数」「進化が可能になるターン」「EP」の3点が異なります。
      詳細は下記の通りです。

       

      ■先攻の場合
      ・1ターン目に引くカードの枚数・・・1枚
      ・進化が可能になるターン・・・5ターン目
      ・EP・・・2ポイント

       

      ■後攻の場合
      ・1ターン目に引くカードの枚数・・・2枚
      ・進化が可能になるターン・・・4ターン目
      ・EP・・・3ポイント

    • 利用規約に違反しているユーザーがいます。

      アプリ内で利用規約に違反する行為を確認された場合には、該当するプレイヤーの名前や詳しい状況を、お問い合わせフォームよりご連絡くださいますと幸いです。
      ご連絡いただいた情報をもとに運営事務局にて確認いたします。
      なお、確認結果や対応につきましては、回答を行っておりません。あらかじめ、ご了承ください。

      また、アプリ外のサービスで発生したお客様同士のトラブルにつきまして、運営事務局は関与いたしません。

    • ゲームのログアウトは、どこからできますか?

      「Shadowverse」では、ログインやログアウトをする仕組みはございません。
      ゲームを終了する方法はプラットフォームによって異なります。

       

      【iOS・Android版】
      iOS・Android版には、ログアウトする仕組みはございません。
      ゲームを終了する際には、アプリを終了させてください。

       

      【DMM GAMES版】

      DMM GAMES版には、ログアウトする仕組みはございません。
      ゲームを終了する際には、「その他」の「ゲームを終了する」からゲームを終了させてください。
      ※DMM GAME PLAYERのログアウト方法については、DMM GAMESのサポート窓口にお問い合わせください。

       

      【Steam版】
      Steam版には、ログアウトする仕組みはございません。
      ゲームを終了する際には、「その他」の「ゲームを終了する」からゲームを終了させてください。
      ※Steamのログアウト方法については、Steamのサポート窓口にお問い合わせください。

    • バトル中にエモートが送れなくなりました。

      エモートは、各ターン中に3回だけ送信できます。
      すでに3回送信している場合、エモートをタップしても反応しません。

    • 対戦相手のエモートを表示させないようにしたいです。

      対戦相手のエモートは、下記の手順で非表示にできます。
      ・「その他」>「設定」>「対戦相手のメッセージ表示」>「表示する」のチェックを外す

    • 同じカードを4枚以上生成できません。

      デッキには同じカードを3枚まで編成できます。
      そのため、テンポラリーカードを含めて同じカードを3枚所持している場合、4枚目以降は生成できない仕組みです。

    • デッキ編成の自動編成は、どのような条件で編成されているのでしょうか?

      デッキ編成の自動編成では、デッキの残り枚数に対して、独自のアルゴリズムに基づいて所持カードを追加しております。
      アルゴリズムの詳細についてはご案内を差し控えておりますので、ご了承ください。

    • 「先攻」「後攻」はどのように決まっているのですか?

      バトルの「先攻」「後攻」は、ランダムに決定しています。

    • 称号やエンブレム、カードスリーブはバトルに影響しますか?

      称号、エンブレム、カードスリーブを設定することにより、バトルに影響を及ぼすことはありません。

    • 名前はどこで変更できますか?

      名前は下記の手順で変更できます。
      ・「その他」>「プロフィール」>「名前変更」

    • 自分のゲームプレイを、ブログやSNSなどに投稿してもよいですか?

      法令等で利用が許されている範囲内でご利用になることは、基本的に問題ありません。
      ※法令で許される範囲に関しましては、法解釈の問題になりますので、運営事務局からのご案内はいたしかねます。

      しかしながら、ゲームにて使用している画像やデザインなどには、著作権が発生しております。
      お客様の行為により権利が侵害された場合は、権利を保持している個人、もしくは団体より指摘が入る可能性がございますので、お気を付けください。

    • 横画面でしか遊べないのでしょうか?

      「Shadowverse」は横画面表示にのみ対応しており、縦画面表示には対応しておりません。

    • 自分のユーザーIDはどこで確認できますか?

      自分のユーザーIDは、下記手順で確認できます。
      ・ 「その他」 > 「プロフィール」

    • 異なるプラットフォーム(iOS版・Google Play版・DMM GAMES版・Steam版)のプレイヤーとフレンドになることはできますか?

      異なるプラットフォームのプレイヤーと互いにフレンドになることが可能です。

    • フレンド申請を行う方法を教えてください。

      フレンド申請は下記の手順で行えます。
      ・「ホーム」>「フレンド」>「一緒に遊んだユーザー」や「ユーザー検索」

    • バトルを途中でやめることはできますか?

      バトル画面左上のメニューボタンより、「リタイア」をタップすることでバトルをリタイアできます。
      なお、バトルをリタイアした場合、敗北扱いになります。

  • ゲームプレイ中の質問

  • ルールに関する質問

    • 「この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる」について

      「狂恋の華鎧・ヴィーラ」や「魂の番人・ミント」などの、リーダーに能力を付与をしつつ「この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる」といった条件を持つ能力があります。

       

      「この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる」はリーダーやフォロワーが持つ能力ではなく、能力そのものが持つ特殊な処理であるため、能力を与えたフォロワーの能力を「闇の剣」や「沈黙の粛清」で失わせた場合も、「この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる」は残り続けます。

    • 「元のコスト」について

      【アクセラレート】

      アクセラレートは、カードを「アクセラレート能力のみを持つスペル・カード」としてプレイするため、アクセラレートの値が元のコストです。

       

      【例】

      「奮励の儁秀・シルヴァ」(コスト7、アクセラレート3)をPP7消費してフォロワーとしてプレイした場合、元のコストは7です。アクセラレート3でプレイした場合はアクセラレート能力のみを持つコスト3のスペルとしてプレイされるため、元のコストは3です。

       


       

      【チョイス】

      チョイス能力を持つカードを、チョイス能力を働かせずにプレイした場合、元のコストはそのカードに記載されているコストです。

      チョイス能力を働かせてプレイした場合は、チョイス後のカードとしてプレイされるため、元のコストはチョイス後のカードのものです。

       

      【例】

      「マナリアの竜術士」(コスト2)をチョイス能力を働かせずに「マナリアの竜術士」としてプレイした場合、元のコストは2です。一方で、チョイス能力を働かせて「マナリアの黒竜」(コスト6)としてプレイした場合、元のコストは6です。

       


       

      【エンハンス】

      エンハンスは、自分の残PPがカードのエンハンスの値以上の場合、カードに記載されているコストではなく、エンハンスの値分のPPを消費してプレイする能力です。エンハンスはあくまでもカードが持つ能力で元のコストには影響しないため、エンハンスの値でカードをプレイしても、元のコストはカード従来の値です。

       

      【例】

      「オルカの大渦」(コスト2、エンハンス4・6・8・10)をエンハンス4・6・8・10のいずれかでプレイしても、元のコストは2です。

       


       

      【その他の能力によるコスト変化】

      ・一部のウィッチ・カードが持つ「スペルブースト コスト-1」や「魔海の女王」が持つ「コストを-5する」などの、コストを減らす能力

      ・「ルーンの貫き」の「コストを2にする」などの、コストを特定の値にする能力

      ・「鳳凰の庭園」の「コストは半分(端数切り上げ)になる」といった、コストを半分にする能力

       

      アクセラレート・チョイス・エンハンスのいずれにも当てはまらない上記のコストを変化させる能力の場合、元のコストは変化後のコストではなく、カードに記載されている従来のコストを指します。

    • デッキ作成時に所持しているカードが選択できない場合

      ローテーションのデッキを作成している際、ローテーションの使用可能カード以外は選択できません。
      ローテーションで使用可能なカード・カードパックについては、こちらをご確認ください。

       

      リーダースキン付き限定イラストカードや絵違いカードは、同じカードとして扱われているカードがローテーションで使用できる場合のみ使用可能です。

       

      【例】
      「星神の伝説」のリーダースキン付き限定イラストカード「インペリアルドラグーン・アルドス」は「バハムート降臨」の「インペリアルドラグーン」と同じカードとして扱うため、2018年4月1日時点のローテーションでは使用できません。

       

      また、以前はローテーションで使用できなかったカードが最新のカードパックで再録された場合、そのカードはローテーションで使用可能になります。

       

      【例】
      「クラシックカードパック」初出の「眷属の召喚」は「起源の光、終焉の闇」で再録されたため、2018年4月1日時点のローテーションでは使用可能です。
      ※「クラシックカードパック」と「起源の光、終焉の闇」の「眷属の召喚」は同じカードとして扱われるため、同じデッキに合計3枚まで入れることができます。

    • リーダーが持つ能力について

      ●リーダーが複数の能力を持った場合
      リーダーは複数の能力を付与されて持つことが可能です。
      また、リーダーが同じタイミングで働く能力を複数付与された場合、それぞれの能力が付与された順番で働きます。


      【例】
      「ヴァルプルギスナハト」→「邪悪なる妖精・カラボス」の順で付与された場合:
      自分のターン終了時に自分のリーダーに1ダメージを与えたあと、相手のリーダーに1ダメージを与え、自分はカードを1枚引く


      「邪悪なる妖精・カラボス」→「ヴァルプルギスナハト」の順で付与された場合:
      自分のターン終了時に相手のリーダーに1ダメージを与え、自分はカードを1枚引いたあと、自分のリーダーに1ダメージを与える


      ●リーダーが持つ能力と場に出ているカードの能力が同じタイミングで働く場合
      プレイされた順番・場に出た順番を問わず、リーダーが持つ能力が働いてから、場に出ているカードの能力が働きます。


      【例】
      自分のリーダーが「クロノス」によって「自分のターン終了時、「自分のフォロワーの最大攻撃力の値」と同じだけカードを引く」を付与されており、自分の場に出ている唯一のフォロワーが「自分のターン終了時、このフォロワーは消滅する」を持つ1/1の「ゴースト」だった場合、ターン終了時、「クロノス」によって付与された能力でカードを1枚引いたあと、「ゴースト」が消滅します。

    • 「ダメージを減らす能力」と「ダメージを特定の値にする能力」について

      「ダメージを減らす能力」と「ダメージを特定の値にする能力」が同時に働いている場合、カードがプレイされた順番・場に出た順番を問わず、「ダメージを減らす能力」が働いてから「ダメージを特定の値にする能力」が働きます。


      例:
      「アイギーナ」(ダメージを減らす能力)と「赤枝の聖騎士・ノイシュ」(ダメージを特定の値にする能力)が自分の場にあり、対戦相手の攻撃で自分のリーダーが7ダメージを受ける場合、まず「アイギーナ」の能力でダメージが4まで減り、その後「赤枝の聖騎士・ノイシュ」の能力でダメージが3になります。最終的にリーダーが受けるダメージは3です。


      ▼参考カードの能力
      ・アイギーナ(ビショップ・フォロワー)
      ファンファーレ 自分のリーダーは「受けるダメージを-3する」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。


      ・赤枝の聖騎士・ノイシュ(ビショップ・フォロワー)
      ファンファーレ 次の自分のターン開始時まで、自分のリーダーへの4以上のダメージは3になる。

    • 「変身」と「場に出る」ことを参照する能力について

      「変身」はすでに場に出ているカードが別のカードに変わる能力であるため、「場に出る」ことを参照する能力の影響は受けません。


      例:
      自分の場に「力比べ」が出ており、「力比べ」によって「守護」を持っているフォロワーを「竜化の秘法」で「ドラゴン」に変身させても、「ドラゴン」は新たに「守護」を持ちません。

    • コストを減らすスペルブーストと「鳳凰の庭園」の能力について

      コストを減らすスペルブースト能力を持つカード(「炎の握撃」「次元の超越」など)と「鳳凰の庭園」の「コストは半分(端数切り上げ)になる」能力を組み合わせた際の挙動について、ご説明します。

       

      例として、コスト8の「炎の握撃」を使用します。

       

      1. 手札にコスト8の「炎の握撃」があり、「鳳凰の庭園」が場に出ました。「鳳凰の庭園」のコストを半分にする能力が「炎の握撃」に与えられ、「炎の握撃」のコストは【4】になります。

       

      2. 手札のスペルを1枚プレイすると、「炎の握撃」が1回スペルブーストされます。このとき手札の「炎の握撃」はスペルブーストによってコストが-1されたあとに「鳳凰の庭園」の能力が働くため、コストは切り上げられて【4】になります。
      ※コストが4から下がらないように見えます。

       

      3. さらに手札のスペルを1枚プレイすると、「炎の握撃」がもう1回スペルブーストされます。このとき手札の「炎の握撃」はスペルブーストによってコストが-2されたあとに「鳳凰の庭園」の能力が働くため、コストは【3】になります。

       

      ※7月31日のアップデートより「鳳凰の庭園」の能力が処理される順番に変更があり、最後に処理されるようになっています。詳しくは『【7月31日実施】アップデートのお知らせ』をご確認ください。

       

    • カードのクラスを条件または対象とする能力が働きません。

      「Wonderland Dreams / ワンダーランド・ドリームズ」には、ロイヤルの「プリンセスキス」やニュートラルの「鏡の世界」などの、カードのクラスを変更するカードがあります。


      そのため、例えば「兎耳の従者」や「ゴブリンブレイカー・ティナ」などのクラスを参照する能力が働かなかった場合、カードのクラスが変更されなかったかご確認ください。

       

      ▼参考カードの能力
      ・プリンセスキス(ロイヤル・スペル)
      自分のニュートラル・フォロワー1体を+2/+4する。そのフォロワーは、ロイヤル・指揮官・フォロワーになる。

       

      ・鏡の世界(ニュートラル・スペル)
      カードを1枚引く。
      コスト7以下の自分の手札と、コスト7以下の自分の場のカードすべては、ニュートラル・カードになる。

       

      ・兎耳の従者(ロイヤル・フォロワー)
      ファンファーレ 「自分の場のニュートラル・カードの枚数」と同じだけカードを引く。

       

      ・ゴブリンブレイカー・ティナ(ニュートラル・フォロワー)
      進化時 相手のフォロワー1体に2ダメージ。
      そのフォロワーがニュートラルなら、2ダメージではなく5ダメージ。

    • 「潜伏」が失われる条件を教えてください。

      潜伏は次の行動で失われます。

       

      ・潜伏を持つフォロワーが攻撃する
      ・潜伏を持つフォロワーが能力によってダメージを与える

       

      なお、潜伏を持つフォロワーに能力によってダメージを与えても、潜伏は失われません。

    • 「相手のターン中~」という能力について

      「相手のターン中~」という能力は、対戦相手のターン開始時に働き、対戦相手のターンが終わるまで続く能力です。

       

      そのため、なんらかの理由で「相手のターン中~」能力を持つフォロワーが対戦相手のターン中に自分の場に出た場合、「相手のターン中~」能力は働きません。

       

      例:自分のターンにプレイした「アーデントシスター」(相手のターン中、+1/+0する)が対戦相手のターン中に「ウルズ」の能力で破壊され再度場に出た場合、「対戦相手のターン開始時」は過ぎているため、そのターン中は「アーデントシスター」の能力は働きません。

    • エンハンス能力とコスト削減能力について

      コストを削減したエンハンス能力を持つカードをプレイした際、残りのPPがエンハンス能力の条件を満たさない場合、削減されたコスト分のPPでプレイされます。エンハンス能力の条件を満たしている場合、エンハンス能力分のPPが消費され、エンハンス能力が働きます。

       

      例:「騎竜兵」の能力で「サラマンダーブレス」のコストが-2され0になった場合、プレイした際の残りPPが5以下だった場合、エンハンス能力は働かずPP0でプレイできます。残りPPが6以上の場合、PP6でプレイされ、エンハンス能力が働きます。

    • 「サハクィエル」や「ネフティス」の能力で場に出たフォロワーのファンファーレ能力について

      「サハクィエル」や「ネフティス」の能力で場に出たフォロワーのファンファーレ能力は働きません。

       

      ファンファーレ能力は、PPを消費して手札からプレイされたときのみに働きます。

    • 「相手の能力で選択できない」という能力について

      「相手の能力で選択できない」という能力を持つフォロワーは、相手がプレイしたスペルの能力や、フォロワーやアミュレットのファンファーレ能力などが対象を選択するものだった場合、選択されません。その結果、それらのスペルやファンファーレ能力を受けません。

       

      「相手の能力で選択できない」という能力を持つフォロワーは、相手のフォロワーからは攻撃され、その結果、ダメージを受けます。

       
      また、「ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ」や「攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する」などの、相手が対象を選択しない能力は受けます。
      「相手のフォロワーすべてに3ダメージ」などの、相手が選択しない、フォロワーすべてへの能力も受けます。

    • 「フォロワーの体力を1にする」という能力について

      元の体力が5で、2ダメージ受けて体力3になっているフォロワーが、「フォロワー1体の体力を1にする」能力を受けた場合、体力1になり、ダメージは受けていない状態になります。

       

      「フォロワー1体の体力を1にする」能力を受けて体力1になっているフォロワーが、「フォロワー1体を+0/+2する」能力を受けた場合、体力3になります。これらの能力は受けた順番に計算されるため、まず元の体力から1になり、次に+2されて3になります。このあと、「フォロワー1体の体力を1にする」能力をもう一度受けた場合、体力は再び1になります。

       

      進化前の体力5で進化後の体力7のフォロワーが、「フォロワー1体の体力を1にする」能力を受けて体力1になっている場合、そのフォロワーが進化しても体力1のままです。進化によって元の体力が5から7になったあと、「フォロワー1体の体力を1にする」能力が計算されるためです。

    • 自分のデッキが0枚になったらどうなりますか?

      デッキが0枚になったときは何も起こりません。デッキが0枚のときにカードを引いた場合、敗北します。

    • 自分の場にフォロワーが4体出ていて、自分の手札が7枚のとき、「自分のフォロワーすべてを手札に戻す」という能力のスペルをプレイするとどうなりますか?

      そのスペルをプレイすることで自分の手札が6枚になり、その後、能力によって自分の場の左側のフォロワーから順番に手札に戻ります。左から3体目のフォロワーまでは手札に戻り、残り1体のフォロワーは、手札の上限枚数の9枚になっているため、墓場に置かれます。
      その残り1体のフォロワーは、破壊されておりませんが、バトル画面の左のボタンで開く「破壊されたフォロワー」に表示されてしまう現象を確認しております。
      上記に関して、原因の調査を行い、修正を行ってまいります。

    • 自分の場にカードが5枚出ているとき、「フォロワー2体を出す」という能力のスペルはプレイできますか?

      スペルはプレイできますが、自分の場の上限枚数は5枚なので、能力でフォロワーは1体も出ません。

    • 自分の場にカードが3枚出ているとき、「フォロワー2体を出す」というファンファーレ能力を持つフォロワーをプレイすると、その能力は働きますか?

      そのフォロワーをプレイすることで自分の場のカードが4枚になり、その後、ファンファーレ能力でフォロワー1体が出ます。
      自分の場の上限枚数は5枚のため、ファンファーレ能力で出る2体目のフォロワーは出ません。

    • 「自分の他のフォロワーが破壊されるたび、~」という能力を持つフォロワーと、他のフォロワーが同時に破壊されたとき、その能力は働きますか?

      働きません。

    • 「自分のターン終了時、~」という能力を持つフォロワーが場に複数いるとき、それらの能力はどのような順番で働きますか?

      自分の場の左側のカードから順番に能力が働きます。
      また、順番が来たときに、能力が働くための条件を満たしていないなら能力は働きません。

    • 「疾走」を持つフォロワーを場に出たターンに進化させた場合、相手のリーダーを攻撃できますか?

      「疾走」能力によって相手のリーダーを攻撃できます。

    • 「疾走」と「突進」の違いは何ですか?

      「疾走」能力を持つフォロワーは場に出たターンに相手のリーダーまたはフォロワーを攻撃できますが、「突進」能力を持つフォロワーは場に出たターンは相手のフォロワーのみを攻撃できます。場に出た次のターンからは、相手のリーダーにも攻撃できます。

    • 「破壊」と「消滅」の違いは何ですか?

      「破壊」は、場のフォロワーやアミュレットを墓場に置くことを指します。それらが「ラストワード」能力を持っていれば働きます。「破壊」は、フォロワーの体力が0になったとき、アミュレットのカウントダウンが0になったとき、または「破壊する」という能力を受けたときに起こります。

      「消滅」は、場のフォロワーやアミュレットを場から取り除くことを指し、墓場の枚数は増えません。それらが「ラストワード」能力を持っていても働きません。「消滅」は、「消滅させる」という能力を受けたときに起こります。

    • 「守護」と「潜伏」を両方持つフォロワーは相手のフォロワーから攻撃されますか?

      「守護」と「潜伏」を両方持つフォロワーの場合、「守護」能力は働かず、「潜伏」能力によって相手のフォロワーから攻撃されません。
      攻撃するなどをして「潜伏」を失った後、初めて「守護」が働きます。

  • カードの能力に関する質問

    • 「トート」と「ソウルストリーム」の能力の組み合わせについて

      Shadowverseでは「能力の処理中に発生した新たな能力の処理は割り込まない」ルールがあります。

       

      そのため、「ソウルストリーム」のエンハンス能力「それぞれ名前の異なるネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す」で、場に出たフォロワーは「ラストワード 相手のリーダーに2ダメージ」を持たずに破壊されます。

    • 「トート」と「幽霊支配人・アーカス」の能力の組み合わせについて

      リーダーが持っている「幽霊支配人・アーカス」の能力は「フォロワーをプレイしたとき」に働きますが、リーダーが持っている「トート」の能力は「自分の場にフォロワーかアミュレットが出るたび」に働きます。
      「プレイしたとき」に働く能力は、「場に出るたび」に働く能力より先に働きます。
      そのため、リーダーが持っている「トート」の能力より「幽霊支配人・アーカス」の能力が先に働きます。

       

      また、Shadowverseでは、「能力の処理中に発生した新たな能力の処理は割り込まない」ルールがあります。
      そのため、コスト3以下のフォロワーをプレイしても、場に出たフォロワーは「ラストワード 相手のリーダーに2ダメージ」を持たずに破壊され、「ゴースト」が場にでます。

    • 「絆の覇竜」が場から離れたにも関わらず「絆の竜剣士・アイラ」へのダメージが0になる。

      「絆の竜剣士・アイラ」が持つ「自分ではない別のカードがいる限り働く能力」は、1つの能力が働いている途中で「能力が働く条件のカード」(「絆の覇竜」)が破壊されても失われない仕組みです。
      そのため、以下のような例の場合「絆の竜剣士・アイラ」へのダメージは0になります。

      (例)
      ・「機械神」のアクセラレート能力によって先に「絆の覇竜」が破壊された場合
      ・場に「冥府への道」が2枚ある状態で、1枚目の「冥府への道」の能力で「絆の覇竜」が破壊された場合
      ・「雷鳴の軍神・フニカル」が「絆の覇竜」を攻撃して、「雷鳴の軍神・フニカル」と「絆の覇竜」が同時に破壊された場合
      (「絆の覇竜」が「雷鳴の軍神・フニカル」を攻撃して同時に破壊された場合は、「絆の竜剣士・アイラ」へのダメージは0になりません。)

    • 「ソウルテイカー・ララ」の能力について

      「ソウルテイカー・ララ」のファンファーレ能力で手札に加わるフォロワーは、「ソウルテイカー・ララ」を除いた【このターン中に破壊された】自分のフォロワーです。

       

      【このバトル中に破壊された】自分のフォロワーではありませんので、ご注意ください。

    • 「絆の竜剣士・アイラ」の能力について

      「絆の竜剣士・アイラ」の進化時能力は、進化したタイミングのPPを参照します。そのため、「ドラゴニック・コア」などでPPを回復させても、進化したタイミングでPPが6以上ない場合には進化時能力は働きません。

    • 「叡智の魔術師・レヴィ」の能力について

      「叡智の魔術師・レヴィ」の進化時能力で「オリハルコンゴーレム」は手札に加わりません。

       

      これは、「オリハルコンゴーレム」が「土の秘術」能力を持つのは、アクセラレート能力でスペルとしてプレイしたときのみのためです。デッキ内では、「オリハルコンゴーレム」は「土の秘術」能力を持たないフォロワーとして存在しています。

    • 「不朽の王城」の能力について

      【1. 「不朽の王城」をプレイしたのにフォロワーが出ない場合】

      「不朽の王城」はコストXのフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出します。
      そのため、デッキ内にコストXに該当するフォロワーがいない場合、場にフォロワーは出ません。

      ※「コストX以下」ではない点に、ご注意ください。

       

      【2. 「不朽の王城」で場に出てくるフォロワーの選出について】

      デッキ内の全てのコストXのフォロワーからランダムにフォロワーを選び、場に出します。
      そのため、デッキ内に1枚のカードより、デッキ内に複数枚存在するカードの方が選ばれやすいです。

    • 「慈愛の翅・ティスタ」の能力について

      攻撃力と体力の値は、一度該当のカードを手札に戻した場合、元に戻ります。

       

      そのため、自分のリーダーが「自分のターン中、自分のデッキ以外から手札にフォロワーが加わるたび、そのフォロワーを+1/+1する」の能力を持っているときに、2回手札に戻したフォロワーは+2/+2されず、元の攻撃力と体力の値に+1/+1されます。

       

      なお、「慈愛の翅・ティスタ」によって自分のリーダーが持つ能力は【自分のターン中】にのみ働く点に、ご注意ください。

    • 「聖鳥・ハンサ」の能力について

      「聖鳥・ハンサ」は対戦相手の場にフォロワーがいるなら、「自身の攻撃力/体力をX/Y」にします。

       

      「攻撃力や体力を変更する能力」が付与されているフォロワーが進化した際、進化後のフォロワーにも同じ「攻撃力や体力を変更する能力」が働きます。

       
      そのため「攻撃力/体力をX/Yにする」が付与されている「聖鳥・ハンサ」が進化した場合、攻撃力/体力はX/Yから変わりません。

    • 「ドールスローター・フィア」の能力について

      自分の場に「ドールスローター・フィア」2体がいるときに、「操り人形」をプレイすると、「ドールスローター・フィア」2体の能力がそれぞれ働くため、自分の残りPPが4以上のときはPPが4消費されます。

       

      能力の処理順は下記のとおりです。

       

      1. 「操り人形」をプレイ。
      「操り人形」が場に出たので、下記の能力がそれぞれ処理待ちになる。
      —処理待ち—
      1体目の「ドールスローター・フィア」の能力
      2体目の「ドールスローター・フィア」の能力
      —処理待ち—

       
      2. 1体目の「ドールスローター・フィア」の能力が働き、PPを2消費して、「操り人形」を「ドールスローター」に変身させる。

       
      3. 2体目の「ドールスローター・フィア」の能力が働き、PPを2消費する。
      「操り人形」を「ドールスローター」に変身させようとするが、既に「操り人形」がいないので、変身させる能力は働かない。

    • 「アクティブエルフ・メイ」の能力について

      「アクティブエルフ・メイ」の直接召喚能力は、カードをプレイしたとき、それがこのターン中に4枚目なら働きます。
      そのため、「ティートル・ディ&ダム」などの「このターン中にカードをプレイした枚数を+する」能力が働いた場合は、能力が働かなかったように見えることがあります。

       

      【例1】
      1.「フェアリー」をプレイ。
      2.「ティートル・ディ&ダム」をプレイ。
      3.「ティートル・ディ&ダム」をプレイ。
      4.「アクティブエルフ・メイ」の直接召喚能力が働く。
      ※3で「ティートル・ディ&ダム」をプレイしたときの「このターン中にカードをプレイした枚数」が4枚目なので働きます。

       

      【例2】
      1.「ティートル・ディ&ダム」をプレイ。
      2.「ティートル・ディ&ダム」をプレイ。
      3.「フェアリー」をプレイ。
      ※3で「フェアリー」をプレイしたときの「このターン中にカードをプレイした枚数」は5枚目なので「アクティブエルフ・メイ」の直接召喚能力は働きません。
      また、2でも「ティートル・ディ&ダム」をプレイしたときの「このターン中にカードをプレイした枚数」は3枚目なので働きません。

    • 「至高神・ゼウス」の能力について

      「至高神・ゼウス」のファンファーレ能力でどの能力が働くかはランダムで決まります。
      また、同じ能力が複数回選ばれることがあります。同じ能力が複数回選ばれた際は、選ばれた回数ぶんの値の能力が一度働きます。

      「自分のリーダーを5回復」が複数回選ばれた際に、進化した回数ぶん能力が働いたことに気付きにくい場合がございます。ご注意ください。

    • 「絢爛のセクシーヴァンパイア」の能力について

      「絢爛のセクシーヴァンパイア」の能力は、手札に加わるときに復讐状態でないなら、働くことが決まります。

       

      そのため、復讐状態でないときに「悪夢の始まり」などの能力によって、「絢爛のセクシーヴァンパイア」を2枚同時に手札に加えると、「絢爛のセクシーヴァンパイア」を2枚とも公開して、消滅します。

    • 「ジンジャーの言霊」の能力について

      「ジンジャーの言霊」の能力は、次の通りです。

       

      【手札のフォロワー1枚のコストを1にして、攻撃力/体力を1/1にする。】

       

      【攻撃力や体力を変更する能力】が付与されているフォロワーが進化した際、進化後のフォロワーにも同じ【攻撃力や体力を変更する能力】が働きます。そのため、「ジンジャーの言霊」の能力が働いたフォロワーを進化した場合、攻撃力と体力は1のままです。

    • 「賛美の狂信像・イミナ」を進化したのに、プレイしたアミュレットのカウントダウンが進みませんでした。

      「賛美の狂信像・イミナ」の進化後能力は、「賛美の狂信像・イミナ」が場に出ているときに、自分のターンごとに1回のみ働きます。
      そのため「賛美の狂信像・イミナ」が破壊されるなどによって場から離れている場合や、すでにターン中に「賛美の狂信像・イミナ」の進化後能力が1回働いている場合には、プレイしたアミュレットに「賛美の狂信像・イミナ」の能力は働きません。

    • 「ソウルストリーム」をプレイしたのに、ターン終了時にゾンビが場に出ませんでした。

      「ソウルストリーム」によってリーダーが持つ能力は「このターン終了時~」という能力のため、「ソウルストリーム」をプレイしたターンの終了時にのみ働く仕組みです。

    • 「レヴィオンの猛者・ジェノ」が場にいるのにレヴィオン・フォロワーが進化できませんでした。

      「レヴィオンの猛者・ジェノ」が場にいる場合でも、
      先攻は5ターン目、後攻は4ターン目までは進化オーブまたは、カード詳細からフォロワーを進化させることはできません。

    • 「傭兵の集会場」が場にあるのに、フォロワーが守護を持ちません。

      「カードテキストがないフォロワー」とは進化前と進化後のテキストが記載されていないフォロワーのことです。
      例えば、「ゴブリン」や「ファイター」が該当します。
      「ローズガーデンキーパー」のように進化後にテキストが記載されているフォロワーは守護を持ちません。

    • 「欺瞞の偽神(ぎまんのぎしん)」の能力について

      「欺瞞の偽神」の能力について、ご説明いたします。

       

      1. 「XとYは、合計が4になるようにランダムに決まる」について
      XとYの値は、デッキ内のビショップ・アミュレットのコストを問わず、合計が4になるようにランダムに決まります。
      (XとYの値は0,1,2,3,4からランダムに決まります。)

       

      例:デッキ内のビショップ・アミュレットがコスト2の「聖獅子の神殿」のみの場合でも、必ずしもXとYの値が2になるとは限りません。

       

      2. XとYの値より低いコストのビショップ・アミュレットが場に出ない場合
      XとYの値より低いコストのビショップ・アミュレットが場に出ないことは正常な挙動です。「欺瞞の偽神」の能力では、XとYの値と等しいコストのビショップ・アミュレットのみが場に出ます。ご注意ください。

       

      例:もしXが1、Yが3だった場合、コスト2の「聖獅子の神殿」は場に出ません。

       

      3. 「欺瞞の偽神」の能力で場に出たビショップ・アミュレットが、エンハンスで働くファンファーレ能力を持つ場合
      エンハンス能力はカードのプレイ時にエンハンスの値分のPPを消費したときにのみ働きます。そのため、エンハンスで働くファンファーレ能力は働きません。

    • 「唯我の絶傑・マゼルベイン」のファンファーレ能力が働かない場合について

      「唯我の絶傑・マゼルベイン」のファンファーレ能力は、次の通りです。

       

      【ファンファーレ 自分のデッキに重複するカード(唯我の絶傑・マゼルベインを除く)がないなら、このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分の場のフォロワーが1体なら、ランダムな自分のフォロワー1体を+2/+2して、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージと相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。】

       

      「唯我の絶傑・マゼルベイン」をプレイした際、デッキの中に「唯我の絶傑・マゼルベイン」以外の重複するカードがあるとき、ファンファーレ能力は働きません。

       

      また、ファンファーレ能力が働いた後、自分のターン終了時に自分の場のフォロワーが2体以上の場合は、リーダーが持つ能力は働きません。

    • 「天界の門」の能力発動後、コストが-10されない場合について

      「天界の門」の能力でコストが-10となる条件は、「デッキ内全体に同じ名前のカードが重複していない」こととなります。

       

      特定のカードのみが1枚しかデッキに入っていない場合、コストはー10となりませんのでご注意ください。

       

      例:
      「ゴブリン」をデッキに1枚しか入れていない場合も、その他のカードがデッキに重複している場合にはコストは-10ではなく-3されます。

    • 「ソニック・フォー」の能力について

      「ソニック・フォー」によってリーダーが持つ能力は「このターン終了時~」という能力のため、「ソニック・フォー」をプレイしたターンの終了時にのみ働く仕組みです。

    • 「真紅の抗戦者・モノ」と「進化の導き手・レイナ」の能力について

      「EPを消費せず進化できる」とは、進化オーブまたはカード詳細から進化させても、EPが減らないということです。

       

      そのため、進化前の「真紅の抗戦者・モノ」に「進化の導き手・レイナ」の能力が働いて、「EPを消費せず進化できる」を持っているときも、進化オーブまたは、カード詳細から進化させることはできません。

    • 「粛清の英雄・メイシア」に「粛清の一刀」をプレイした後に相手のリーダーに攻撃できない場合

      「粛清の英雄・メイシア」を対象に「粛清の一刀」をプレイした後に「粛清の英雄・メイシア」が相手のリーダーに攻撃できない、もしくは疾走を持たないように見える場合は、その「粛清の英雄・メイシア」が進化前ではないか、ご確認ください。

       

      進化前の「粛清の英雄・メイシア」は「このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能」の能力を持つため、「粛清の一刀」をプレイしても相手のリーダーに対して攻撃できません。

       

      そのため、進化前の「粛清の英雄・メイシア」を対象に「粛清の一刀」をプレイした場合、疾走を持ちますが、相手のフォロワーにしか攻撃ができない状態になります。この状態の「粛清の英雄・メイシア」には、突進や進化後のフォロワー同様の黄色のエフェクトが表示されます。

    • 「幽想の少女・フェリ」と「沈黙の詩」の能力について

      「幽想の少女・フェリ」のファンファーレ能力によって、「1ターンに3回攻撃できる」を持ったフォロワーが3回攻撃したあと、そのフォロワーに「沈黙の詩」の能力を働かせると、攻撃回数の上限が1回になります。3回攻撃に通常の1ターンに1回の攻撃が含まれているため、この状態でこのフォロワーは攻撃できません。

       

      その後、「幽想の少女・フェリ」を再度プレイして、ファンファーレ能力を働かせると、攻撃回数の上限が1回から3回になるので、そのフォロワーは追加で2回攻撃ができます。1ターンに1回の攻撃は先に行っているため、追加で3回攻撃ができないことにご注意ください。

       

      【例】

      攻撃可能な「ゴブリン」が自分の場にいる場合

      1.「幽想の少女・フェリ」をプレイして、「ゴブリン」が「1ターンに3回攻撃できる」を持つ。

      2.「ゴブリン」が3回攻撃する。

      3.「沈黙の詩」をプレイして、「ゴブリン」の能力すべてを失わせる。

      4.「幽想の少女・フェリ」を再度プレイして、「ゴブリン」が「1ターンに3回攻撃できる」を持つ。

      5.「ゴブリン」がさらに2回攻撃できる。

  • テンポラリーカードに関する質問

  • Open 6に関する質問

  • ギルドに関する質問

    • ギルドを結成できない場合について

      ギルドを結成できない場合は、下記のいずれかに当てはまっていないか、ご確認ください。

       

      1. ギルドから脱退・解散している場合は、脱退・解散から約1時間経過するまで新たにギルドを結成できません。
      2. すでにギルドに加入している場合、新たにギルドを結成できません。

    • ギルド名、活動方針、加入条件、ギルドIDの変更について

      リーダーは「ギルド情報」にある「ギルド設定」から、「ギルド名」「活動方針」「加入条件」を変更できます。
      「ギルドID」は変更できません。

    • ギルドに加入できない場合について

      ギルドに加入できない場合は、下記のいずれかに当てはまっていないか、ご確認ください。

       

      1. ギルドから脱退・解散している場合は、脱退・解散から約1時間経過するまで新たにギルドに加入できません。
      2. 加入しようとしているギルドが満員の場合、加入できません。
      3. 加入に承認が必要なギルドの場合、リーダー・サブリーダーが承認をしない限りギルドに加入した扱いにはなりません。

    • ギルドからの脱退について

      ギルドから脱退する方法は、下記の通りです。

       

      1. ギルド内の「メンバー一覧」を選択します。
      2. 「脱退」を選択します。
      3. 確認画面が表示されます。よろしければ「脱退する」を選択します。

       

      ギルドから脱退した場合、脱退後約1時間ギルドの結成と加入が行えなくなります。

       

      なお、ギルドのリーダーは脱退できません。
      脱退したい場合、他のメンバーをリーダーに任命した後に脱退できます。

    • ギルドの解散について

      リーダーは「ギルド情報」の「ギルド設定」にある「解散」ボタンから、ギルドを解散できます。
      ギルドを解散した場合、解散後約1時間ギルドの結成と加入が行えなくなります。

    • 突然ギルドのリーダーになっていた場合について

      ギルドのリーダーが14日間ゲームにアクセスしていない場合、最初にギルドにアクセスしたメンバーが自動的にリーダーの役職を引き継ぎます。

    • ギルドのチャットで公開したデッキが消えました

      チャットで公開したデッキは、36個までデッキログに保存されます。
      公開したデッキが37個目以降だった場合、古いデッキから上書きされていきます。

    • ギルドのチャットで公開したリプレイが消えました

      リプレイはアップデート時に削除されます。なにとぞご了承ください。

    • ギルドIDからギルドを検索してもみつかりません

      検索の際に入力したギルドIDに誤りがないか、お確かめください。

    • ギルドへの勧誘を行えません

      勧誘はリーダー・サブリーダーのみが行えます。

       

      ユーザーIDから勧誘を行う際は、入力したユーザーIDに誤りがないか、お確かめください。

  • トラブルシューティング

    • アップデートできない場合について

      お客様によって、アップデート情報がストアに反映されるまで、時間差がある場合がございます。

       

      また、端末本体内の一時保存データの蓄積を原因として、アップデートできない場合がございます。
      アップデートできない場合は、一旦端末本体の電源を切り、1~2分お待ちいただいた後にあらためて端末本体の起動とアップデートを行ってください。

    • ランクマッチ中に、バトルが進行しなくなりました。

      アプリの終了や通信状況によりバトルとの通信が途切れた場合、通常は接続が途切れた側が敗北となります。
      しかしながら現在、バトルの進行停止や、正常に勝敗処理が行われないといった不具合が稀に生じてしまうことを確認しております。
      確実に発生する現象ではございませんが、これにより、多くのお客様にご不便をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。
      上記に関連して、お客様におかれましては、バトルでリタイアする際に、アプリを終了させるのではなく、バトル画面左上の「バトルメニュー」から「リタイア」を選択するようお願いいたします。
      なお、バトル中に故意にアプリを終了させ、正常なバトル進行を妨げるような行為が繰り返されていることを運営事務局で確認した場合、
      該当アカウントに対して、アカウント停止も含めたペナルティ措置を実施いたします。
      本事象については引き続き調査を行っており、今後の改善に努めてまいります。

    • DMM GAMES版で連携コード入力時、「入力された連携コードのゲームデータは、すでに他のPC版アカウントと連携されています」という内容の連携エラーが表示されます。

      ゲームデータは、DMMアカウントに紐づいて管理されております。
      そのため、異なる端末でのログインや再インストールを行った場合でも、同じDMMアカウントでログインしていただければ「データ連携」を行わずに引き続き、連携したデータをご利用いただけます。

       

      また、1つのゲームデータにつき、連携できるDMMアカウントは1つのみです。
      そのため、異なるDMMアカウントにて「データ連携」を行おうとした場合には、該当のエラーが表示されます。

       

      「連携エラー」が表示された場合には、お手数ですがDMM GAME PLAYERにログインしているDMMアカウントをご確認ください。

    • 「他の端末でログインされたか、しばらく操作されなかったためタイトルに戻ります」のエラーメッセージについて

      「他の端末でログインされたか、しばらく操作されなかったためタイトルに戻ります」とのエラーメッセージは、下記の場合に表示されます。

      ・ゲームに長時間アクセスされていなかった場合
      ・データ連携・アカウント連携したアカウントで、別の端末からゲームにアクセスした場合

    • アプリが強制終了してしまいます。

      長時間ご利用いただいている場合や複数のアプリを起動してご利用されていると、端末に負荷がかかりアプリが終了してしまうことがございます。
      同時に起動しているアプリを終了させる、端末の再起動等をお試しください。

    • アカウント連携/データ連携した端末で、正常に遊べません。

      アカウント連携やデータ連携を行った複数の端末で同時にプレイすると、正常に動作しない場合があります。
      異なる端末でプレイする場合は、もともとプレイしていた端末のアプリを正常に終了させてからプレイしてください。

    • お問い合わせをしましたが、1日待っても返信がありません。

      お寄せいただいたお問い合わせは順次対応しておりますが、お問い合わせ内容により返答までにお時間をいただく場合がございます。
      数日お待ちいただいても返信メールが届かない場合は、下記の点についてご確認の上、再度お問い合わせをお願いいたします。

      ■ご利用端末の迷惑メール対策の確認
      ・なりすまし規制の設定により、パソコンからのメールを受け取らない設定になっていないか。
      ・URLが記載されたメールを受け取らない設定になっていないか。
      ・ドメイン指定受信、もしくは指定受信拒否を行っていないか。
      ※ドメイン「@cygames.co.jp」からのメールを受け取れるよう、ドメイン指定受信の設定をお願いいたします。

      迷惑メール対策の変更が難しい場合は、お受け取り可能なメールアドレスから、再度お問い合わせください。

    • お問い合わせ方法を教えてください。

      Shadowverse運営事務局へのお問い合わせは、下記の方法で行えます。

       

      ■アプリ内からお問い合わせ
      ・「その他」 > 「お問い合わせ」

       

      ■「Shadowverse」公式サイト・お問い合わせ
      https://shadowverse.jp/contact/

    • アプリが起動しません。

      アプリが起動しない場合は、下記操作をお試しください。

       

      ■利用端末のキャッシュを削除する
      ※キャッシュの削除方法がご不明な場合は、ご利用の携帯電話会社にお問い合わせください。

       
      ■利用端末を再起動させる
      ※再起動後は、時間を空けてからアプリを起動してください。

       
      ■通信状態が安定した環境でアプリを起動する
      ※移動中や混雑している場所など、通信速度が制限されている状況を避けてください。

       
      ■推奨端末一覧の確認
      https://shadowverse.jp/device.php

       

      なお、上記の操作で改善されない場合はお問い合わせください。

    • インストールやアップデートができません。

      インストール/アップデートできない場合は、下記操作をお試しください。

       

      ■利用端末のキャッシュを削除する
      ※キャッシュの削除方法がご不明な場合は、ご利用の携帯電話会社にお問い合わせください。

       
      ■利用端末を再起動させる
      ※再起動後は、時間を空けてからアプリを起動してください。

       
      ■通信状態が安定した環境でアプリを起動する
      ※移動中や混雑している場所など、通信速度が制限されている状況を避けてください。

       
      ■推奨端末一覧の確認
      https://shadowverse.jp/device.php

       

      なお、上記の操作で改善されない場合はお問い合わせください。

    • 音が出ません。

      音が再生されない場合は、下記手順より音量設定を確認してください。
      ・ 「その他」 > 「設定」 > 「サウンド」

      また、端末の設定により音が再生されない場合もあります。
      端末本体の音量やマナーモードの設定をご確認ください。
      端末本体の設定方法につきましては、ご利用端末の製造・販売元にお問い合わせください。

    • ゲームをプレイしていると、頻繁に画面が動かなくなり、操作ができなくなります。端末を再起動しても改善されません。

      ゲームプレイ中にアプリが動かなくなる原因として、ご利用端末自体の発熱や、アプリを複数起動している状態でゲームをプレイした際のメモリ不足などがございます。
      すでに端末の再起動やアプリの再起動をお試しいただいている場合、対処方法として下記の操作をお試しください。

      1. 起動しているアプリをすべて終了させる。
      2. ご利用端末をシャットダウンさせる。
      3. バッテリーが取り外せる場合は取り外し、端末の温度が下がるまで10分以上の時間を置く。
      4. 端末の温度が十分下がったのちに、再度端末を起動させる。
      5. 「Shadowverse」のアプリのみを起動させる。

    • ゲームに接続できません。

      ご利用端末の電波状況や通信環境により、接続に時間がかかる場合がございます。

      また、メンテナンスを行っている際は、ゲームサーバーへの接続ができない場合がございます。
      メンテナンスや障害の報告は「お知らせ」にて告知してまいります。

    • ランクマッチにて相手プレイヤーとマッチングされません。

      ランクマッチでマッチングがされない場合、下記の操作をお試しください。

      1. 時間をおいて再度マッチングを行う。
      2. 通信環境に問題がないことを確認して、再度マッチングを行う。

  • クリスタルに関する質問

    • クリスタル購入時に「エラーコード303」が表示され、クリスタルが反映されません。

      クリスタルが反映されていない場合、アプリの再インストールをお試しください。
      なお、再インストールを行う場合は、事前にアカウント連携や連携パスワードの発行を行ってください。
      ※これらを事前に行わずにアプリを削除した場合、ゲームデータを復旧させることができませんのでご注意ください。

       

      また、再インストールにて改善されない場合は決済元へお問い合わせください。

    • 登録した生年月を変更できますか?

      初めてクリスタルを購入する際に設定する生年月は、一度設定した後に変更できません。
      設定する内容に誤りがないか、十分ご注意ください。

    • クリスタルの購入上限はいつリセットされますか?

      翌月1日午前9時にリセットされます。

    • 明日で16歳(または20歳)になりますが、クリスタルの購入上限額はいつ変更されますか?

      年齢による購入上限額は、ゲーム内の「生年月登録」で入力された生年月をもとに、「16歳になった月の翌月1日午前9時」および「20歳になった月の翌月1日午前9時」に変更されます。

    • クリスタルに有効期限はありますか?

      クリスタルに有効期限はありません。

    • クリスタルを購入しようとした際、生年月の入力を求められましたが、これは何に使われるのですか?

      「Shadowverse」では、未成年のお客様や保護者様が安心してサービスを利用できるよう、年齢別にクリスタルの購入上限額を設定しています。
      入力された生年月でお客様の年齢を確認し、年齢によって、1ヵ月に購入できるクリスタルの購入上限数を以下の通り設定しています。

      ■購入上限額
      ・16歳未満 1ヵ月あたり5,000円まで
      ・16歳以上19歳以下 1ヵ月あたり10,000円まで
      ・20歳以上 制限なし

      ※一度入力された生年月は変更できません。
      ※月ごとの購入上限数は、毎月1日午前9時にリセットされます。
      ※購入上限数は、クリスタルの購入金額の合計で計算します。
      ※年齢による購入上限額は、ゲーム内の「生年月登録」で入力された生年月をもとに、「16歳になった月の翌月1日午前9時」および「20歳になった月の翌月1日午前9時」に変更されます。
      ※必ず正しい生年月を入力してください。正しくない情報を入力したことによって発生した問題について、当運営事務局は責任を負いかねます。

    • クリスタルを購入するときの決済方法を教えてください。

      クリスタルを購入する際の決済方法は、プラットフォームによって異なります。
      【iOS版】
      App Storeで表示される決済方法(クレジットカード、iTunesカード、auかんたん決済)で購入できます。
      決済方法に関するご不明点は、App Storeのサポート窓口にお問い合わせください。

       

      【Google Play版】
      Google Playストアで表示される決済方法(クレジットカード・通信会社の利用料金と一緒のお支払いなど)で購入できます。
      決済方法に関するご不明点は、Google Playストアのサポート窓口にお問い合わせください。

       

      【DMM GAMES版】
      DMMポイントのチャージで表示される決済方法(クレジットカード・DMMプリペイドカードなど)で購入できます。
      決済方法に関するご不明点は、DMM GAMESのサポート窓口にお問い合わせください。

       

      【Steam版】
      Steamウォレットのチャージで表示される決済方法(クレジットカード・WebMoneyなど)で購入できます。
      決済方法に関するご不明点は、Steamのサポート窓口にお問い合わせください。

    • Steamの日本語版で購入したクリスタルは、英語版でも利用できますか?

      Steam版「Shadowverse」は、日本語版と英語版で異なるクライアントになっております。
      そのため、Steam上で日本語と英語を切り替えた際はクリスタルが引き継がれませんので、ご注意ください。
      なお、言語の切り替えによりクリスタルが消失するわけではありません。
      クリスタルを購入した言語に切り替えることで再度、表示されます。

  • ゲームデータの質問

  • ゲームプレイ全般

    • PCでプレイできますか?

      DMM GAMES版、またはSteam版をご利用いただくことで、PCでもプレイができます。
      詳細は、下記公式サイトをご確認ください。

       

      ▼Shadowverse DMM GAMES版 公式サイト
      https://dmm.shadowverse.jp/

       

      ▼Shadowverse Steam版 公式サイト

      https://steam.shadowverse.jp/

    • ゲームをプレイする際に、インターネットに接続する必要はありますか?

      「Shadowverse」をご利用になるには、使用されている端末をインターネットに接続する必要があります。
      インターネットに接続していない端末ではご利用になれませんので、ご注意ください。

    • 「Shadowverse」に対応しているプラットフォームは何ですか?

      iOS、Google Play、DMM GAMESおよびSteamに対応しています。

    • 「Shadowverse」とはどのようなゲームですか?

      「Shadowverse」は、スマートフォンとPCで遊べる本格対戦型TCGです。
      フォロワー、スペル、アミュレットという3種類のカードでデッキを編成し、対戦で相手リーダーの体力を0にして勝利することを目指します。
      バトルでは、他のユーザーとネットワーク対戦を行えます。
      また、ソロプレイでは、メインストーリーを楽しんだり、CPUとの対戦を行ったりできます。

    • 無料で遊べますか?

      アプリ本体のダウンロード、およびサービスのご利用は無料でお楽しみいただけます。
      ただし、有償サービスを購入される場合は料金が発生します。
      ※ゲーム中の通信時には、別途パケット通信料が発生します。

    • 推奨端末、推奨OSを教えてください。

      「Shadowverse」の推奨端末と推奨OSは、下記ページからご確認いただけます。
      下記ページに記載されていない端末やOSの動作は、保証しておりません。

       

      【iOS・Android版】
      https://shadowverse.jp/device.php

       

      【DMM GAMES版】
      https://dmm.shadowverse.jp/
      ※ページ下部のシステム要件をご参照ください。

       

      【Steam版】
      https://steam.shadowverse.jp/
      ※ページ下部のシステム要件をご参照ください。

お問い合わせ

お問い合わせの前に「FAQ」をお読みください。お客様のご協力を、よろしくお願いいたします。

  • iOS版/Google Play版 お問い合せ
  • Steam版 お問い合わせ

※お問い合わせの内容によっては、お答えいたしかねる場合がございます。
※日本語以外のお問い合わせについては、お答えいたしかねる場合がございます。
※お問い合わせへの返信は、日本語で行っております。
Please understand that all information is provided in Japanese only.

トップページに戻る