12月28日メンテナンス時のカード能力の変更について

Shadowverse運営事務局です。

12月28日に予定しておりますメンテナンス時に、下記の変更を行います。メンテナンスに先立ち、ご利用のお客様に変更の内容と経緯をご説明いたします。

今回の変更は上方修正となるため、分解したときに得られるレッドエーテルの個数の変更による補償は行いません。

■変更の内容と経緯
「ローテーション」フォーマットについて、12月中旬の高ランクユーザーの対戦データを集計したところ、勝率でも使用率でも上位のデッキタイプに大きな問題はありませんでした。また「ローテーション」フォーマットは、12月28日メンテナンス時の第15弾カードパックの追加によって使用できるカードが入れ替わることで、ゲーム環境に変化があると想定しております。そのため、カードの下方修正となる変更は必要ないと判断いたしました。先攻時の勝率は、全デッキの総計で53.8%でした(11月上旬の対戦データでは52.9%)。

「アンリミテッド」フォーマットについて、12月中旬の高ランクユーザーの対戦データを集計したところ、先攻時の勝率は、全デッキの総計で51.9%でした(11月上旬の対戦データでは50.6%)。勝率と使用率では、上位のデッキタイプのいくつかにやや高い数値を確認いたしましたが、ただちにカードの下方修正をする必要はないと判断いたしました。

その理由として、「アンリミテッド」フォーマットのゲーム環境の流動性の高さが挙げられます。ここ数回のカードパックまたはアディショナルカードの追加時に、既存のデッキタイプの戦略が変化したり新しいデッキタイプが登場したりすることで、「アンリミテッド」フォーマットのゲーム環境が流動していることを確認しております。今回、12月28日メンテナンス時の第15弾カードパックの追加と、下記1枚の上方修正によって、ゲーム環境に変化があると想定しております。

《唯我の絶傑・マゼルベイン》は、これを中心にしたデッキを構築できるカードです。第10弾カードパックの追加時には、複数のクラスで『マゼルベイン』デッキが使用されていました。しかし、最近のゲーム環境、特に「アンリミテッド」フォーマットでは、平均的な決着ターンよりも『マゼルベイン』デッキの決着ターンが遅いこともあり、使用率が低下していました。今回《唯我の絶傑・マゼルベイン》のコストを下げることで、『マゼルベイン』デッキの勝率と使用率が上がり、ゲーム環境の多様化に寄与すると想定しております。

【変更内容】
《唯我の絶傑・マゼルベイン》
コスト6
→コスト5

■変更にともなう「2Pick」のデッキについて
「2Pick」フォーマットにて、今回変更するカードをデッキに編成した状態で中断していた場合、12月28日のメンテナンス以降、変更後のコストになります。

■今後について
Shadowverse運営事務局ではユーザーの対戦データを集計し、より良いゲーム環境にするために、必要に応じてカードの能力やコストの変更、「アンリミテッド」での1枚制限カード指定や禁止カード指定を行います。下方修正となる場合や制限指定、禁止指定を行う場合は、分解したときに得られるレッドエーテルの個数の変更によって補償をいたします。

次回のカード能力の変更の予定日は1月27日で、変更がある場合は事前にお知らせいたします。その日付以外でも、Shadowverse運営事務局が緊急と認めた場合には、カード能力の変更などをすることによって、ゲーム環境を迅速に適正化いたします。

今後とも「Shadowverse」をよろしくお願いいたします。