「JCG Shadowverse Open」における助言行為の確認とペナルティについて

Shadowverse運営事務局です

2023年1月6日(金)に行われました、Shadowverse公認大会「JCG Shadowverse Open 24th Season Vol.1 1月6日 ローテーション大会」において以下のルール違反行為が確認されたため、ペナルティが課されることをお知らせいたします。

Shadowverse運営事務局では、いままで公認大会におけるペナルティ内容についてお知らせはしておりませんでしたが、今回行われた違反行為(オンライン大会における画面共有および助言行為)が、プレイヤーの皆様に与える影響が大きいと判断し、お知らせすることといたしました。

〇ルール違反内容
大会参加選手がチャットアプリ「Discord」を通じて、大会参加者以外のプレイヤーに対して、対戦画面の共有を行っていた。
画面共有を受けたプレイヤーは、当該選手に対してプレイングの助言を行っていた。

上記行為は、大会規約(https://sv.j-cg.com/page/terms#9)における以下の禁止行為に違反しています。
----------
9 禁止事項
(17) 試合中に、対戦相手や大会運営スタッフ以外の者と、運営事務局に無断でコミュニケーションをとったり、試合の助言を受けたりすること。
----------

〇ペナルティについて
・対象者
画面共有を行っていた大会参加選手(3名)
画面共有を受けていた大会参加外プレイヤー(9名)

・内容
一定期間のShadowverse 関連大会出場禁止
(JCG Shadowverse Open,RAGE Shadowverse,RAGE Shadowverse Pro Tour,Shadowverse Invitational,Shadowverse Grand Master Finals,Shadowverse大学生リーグ,Shadowverse ES地方大会,Shadowverse ES大会,その他の公認大会等(サイドイベント等を含む))

・期間
約6か月(2023年6月30日(金)まで)

ペナルティ内容の、より詳細な内容については、JCG Shadowverse Open公式サイトよりご確認をお願いいたします。

https://sv.j-cg.com/news/2286

 本案件については、Shadowverseプレイヤーの皆様に与える影響がとても大きいことから、株式会社JCGと協力し、対処方針について決定いたしました。

今回の行為に関して調査を行ったところ、大会参加選手の出来心によって突発的に行われてしまった違反行為ではなく、多くのプレイヤーが関与して恒常的に助言行為を行っていたものと結論づけ、きわめて悪質な違反行為であると判断しました。

今回のような行為を恒常的に行うことは、公平な大会運営の妨げになるだけでなく、デジタルトレーディングカードゲームである「Shadowverse」を真剣に取り組むことで得られる楽しみやプレイ体験そのものを、ほかの大会参加選手から奪う行為であり、決して看過できません。

よって当該大会参加選手だけではなく、助言行為に加担したプレイヤー全員にペナルティを課すべきであると結論付けました。また、プレイヤーの皆様が安心して大会に参加できる状況を作るためには、JCG Shadowverse Openへの出場禁止処分のみでは不十分であると考え、通常のペナルティレベルを超えて、Shadowverse関連大会への出場禁止処分へと範囲を広げることといたしました。

Shadowverse運営事務局は、皆様が安心してゲームをプレイし、大会に参加していただけるよう、大会運営専門のチームを組織しており、健全な大会環境の維持に努めてまいります。

公平で楽しいゲームや大会が守られるよう、引き続き皆様のご協力をよろしくお願いいたします。