kuroebiの「Dawnbreak, Nightedge / 起源の光、終焉の闇」注目カードその1

kuroebi

kuroebi

1016a0557f7012fd8a94558dc435fdb8

3月29日にリリースされる第8弾カードパック「Dawnbreak, Nightedge / 起源の光、終焉の闇」。97枚の新カードと新たな能力「チョイス」を使いこなし、勝利の栄光をつかみましょう!

本コラムでは、私が「Dawnbreak, Nightedge / 起源の光、終焉の闇」で特に注目しているカードについて、まずはニュートラル・エルフ・ウィッチ・ネクロマンサーからご紹介したいと思います。

ニュートラル

f7519fbc24913aba916581e5d6c46520

ニュートラルの2コストフォロワーは、いつの時代も欠かせない存在であり、特に場に影響を与えるものはさまざまなデッキで採用されるほどの力を持っています。

この《[[天界の尖兵]]》は、進化時にフォロワーの体力が1のときという限定的な条件こそありますが、選択したフォロワーを消滅させる強力な能力を持っています。ラストワードの発動さえも許さないこのカードの汎用性は、多くのプレイヤーにプレイされることでしょう。

f3754002303e1c5582bc425ac68c69d3

a659d0c296f066700717926d676b8d49

9ce315dd5763ec58cc80123fb80d9250

レジェンドのスペル《[[月と太陽]]》の能力は永久機関のごとく再利用可能というもので、手札が尽きることとは無縁の戦いを繰り広げられます。また、エンハンスによって場に出すフォロワーのサイズアップも可能と、序盤から終盤まで腐るタイミングがありません。

防御的な《[[アマテラス]]》と攻撃的な《[[ツクヨミ]]》、デッキの方向性やバトルの進行状況に応じてより適切なほうをチョイスし、柔軟に立ち回りましょう。

エルフ

362c9735000b4f4ab6d13205263f506e

そのターンのカードのプレイ枚数に応じて探し出すフォロワーを調整できる点が素晴らしく、デッキ構築次第では必要なカードを必要なときに呼び出すことを可能にします。

攻撃的なデッキでは息切れ防止に、また特定のカードをかき集めるといった芸当さえも手助けしてくれるため、攻撃力は小さいが特殊な能力を持つフォロワーを多く有するエルフでは、《[[バッタの指揮者]]》は見た目以上のカードパワーを発揮するでしょう。

d00e2e02986d44d8c022c0c3964c7199

非常に堅牢な守護フォロワーとして機能しながら、進化時に疾走効果が付与される攻撃的な一面を持ち、まさに攻防一体を体現するフォロワーです。

また《[[ホワイトヴァナラ]]》は攻撃力か体力を強化することによって進化できるため、たとえあなたが進化ポイントを使い切ったとしても、相手はこのカードによる突然のダメージをいつまでも警戒し続ける必要があります。渾身の一撃を対戦相手に叩き込みましょう!

ウィッチ

eeadb4dd5c6785486184ebb0667098eb

df4eabd7705a72fbba603a5483ca3a3d

73188b88c74cb401f0bac12b01e3f7e3

第7弾カードパック「Chronogenesis / 時空転生」から登場したマナリアというタイプを後押しするカードです。

通常は2コストフォロワーとして序盤からプレイできますが、6PPでプレイした際には膨大なカードを供給する可能性を与えてくれる《[[マナリアの白竜]]》と、相手を攻めているシーンで有用な《[[マナリアの黒竜]]》のどちらかをチョイスすることができます。

効果が及ぶのは手札にあるマナリア・スペルだけなので、《[[マナリアの竜術士]]》をプレイするまではそれらのスペルを温存してもいいかもしれません。

16189593d4baa62c12c6b89735af9f0e

f95afd3c2e4ecb2b8ef20ae9c57c5c6b

c213ec9d57e2e12b99916903ded257d7

導きか滅亡か。《[[滅亡の予言]]》はスペルブーストを継続的に行なうことが求められる難しいカードではありますが、《[[宿命の語り部・ルーニィ]]》がひとたび攻撃し始めれば妨ぐのが非常に難しい角度からバトルに勝利することができます。

ほかのカードを求める際には《[[導きの予言]]》があなたの手助けをしてくれますし、《[[滅亡の予言]]》のコスト15をどれだけ効率よく下げられるかじっくり考えてみるのもおもしろそうですね。

ネクロマンサー

f42b4980c5ab87bfe73b9290d817303c

葬送を持つ軽量フォロワーは、リアニメイトカードと組み合わせやすいという特徴を持っています。特にこの《[[常闇の梟]]》は、葬送した際にデッキの中のネクロマンサー・フォロワーを入手することができ、手札の最適化にも一役買ってくれる逸材です。

墓場も増えますのでネクロマンスの手助けも可能かつ体力回復つきと、かゆいところに手が届く使い勝手のいいフォロワーですので、さまざまなネクロマンサーデッキで評価されるでしょう。

ea2e38febc6d4068e9f703dfdd56f471

《[[最果ての骸]]》は墓場30枚以上で毎ターン相手リーダーとフォロワーに6点という、《[[冥府への道]]》を内蔵したフォロワーです。ファンファーレ能力で入手できる10体の《[[スケルトン]]》は、手札上限枚数9枚を超過した分だけ墓場を肥やすことができるので強力なダメージを叩き出すための手助けをしてくれますし、単純に戦力としてカウントしてもいいでしょう。新しいネクロマンサーデッキ誕生の可能性を感じます。

次回予告

続く「その2」では、ロイヤル・ドラゴン・ヴァンパイア・ビショップ・ネメシスの注目カードを紹介します。

※ このコラムは公式ライターkuroebi氏視点での注目カード紹介です。運営事務局がカードを評価したコラムではありません。

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら