kuroebiの「プロリーグ1stシーズンを終えて」

kuroebi

kuroebi

プロリーグ_画像

5月に開幕したRAGE Shadowverse Pro Leagueの1stシーズンが、このたび終了しました。

選手たちにとっては濃厚な、そしてさまざまな思いを胸に抱いた3か月だったと思います。プロ選手という立場の重み、舞台上で戦う難しさ、敗北の悔しさそして勝利の喜び。4チーム16名にしか味わえないこれらの感情が彼らをプロ選手として大きく成長させる要因となったのなら、それだけでもこのプロリーグには価値があったのではないか、と思います。

今回のコラムではプロリーグ1stシーズンを振り返り、10月より始まる2ndシーズンを考察していきます。

劇的なドラマが待ち受けていた1stシーズン

https://rage-esports.jp/league/sv/

1stシーズンではまず全12節のリーグ戦を行ない、上位2チームによるシーズンファイナルによってチャンピオンを決定しました。フォーマットはローテーション、アンリミテッド、2Pickで、特に2Pickが採用されている点については各チームによる戦略の違いが序盤戦に如実に現れました。

よしもとLibalentと名古屋OJA ベビースターは、開幕時から2Pickの選任担当選手を1名ずつチームに構成することでチームとしてのメリハリが生まれ、大きな戦果を上げるに至りました。au デトネーションもすぐさま2Pick専任担当を作りなんとか前述の2チームに追いつくことに成功。しかしレバンガ☆SAPPOROはその体制を整えるのに出遅れてしまったのもあり、開幕5連敗。1stシーズン中の挽回は不可能かと思われました。

しかしここからレバンガ☆SAPPOROの怒涛の快進撃が始まります。シーズン途中から2Pickの専任担当に据えた真春選手の初勝利から波に乗り、破竹の7連勝という素晴らしい戦績を叩き出して、終わってみればレギュラーシーズン1位とほかのチームを圧倒。厳しい戦いの中で、そしてプロ選手としての重圧の中で、彼らは立派に成長し続け、そしてチームとして完成してみせたのです。

2位でシーズンファイナルに進出したのは名古屋OJA ベビースター。チームとしての体制の強固さを全チームに示しながらリーグをけん引し、僅差でプレイオフに滑り込むこととなりました。

プロリーグ_画像_2

RAGE Shadowverse Pro League ファーストシーズン シーズンファイナル

どちらのチームも“初代王者”に対する思いは強かったと思います。しかし勢いというものが存在するのならば、それはレバンガ☆SAPPOROのためにありました。

接戦が予想されたシーズンファイナルにて、4-0と名古屋OJAベビースターに完勝。開幕5連敗で絶望を味わったチームが、その後8連勝で1stシーズンを締めることとなりました。

1stシーズンのMVPはレバンガ☆SAPPOROの真春選手となりました。シーズン途中から2Pick専任担当となったにもかかわらず、最終的にはリーグ内で2Pick勝率トップまで上り詰めたダントツの成長力は、観ていたファン全員に感動を与えてくれたと思います。個人的にも納得の結果です。

今回の1stシーズンは解説という立場で選手たちを見守ってきましたが、開幕当初はプロという立場の理想と現実のギャップに全員が戸惑っていたように感じました。

プロ選手という必勝を求められる立場で、常に自分を高め続けないと勝つことはできないが、それは対戦相手も同じ条件であり、初勝利を挙げるのに苦労する選手もいました。そういった選手たちと、時には相談に乗ったりもしながら接してきたこの1stシーズンは、試合に取り組みながら次第にプロらしくなっていく選手たちに対して父親のような目線で感情移入してしまう場面も多々あり、私自身がプロリーグというドラマを存分に楽しませていただきました。

これまではどこにでもいるゲーム好きな若者だった16名が、この3か月あまりでプロとしての覚悟、そして戦うことの難しさ、勝つための努力……そういったプロ選手として必要な要素をしっかりと身につけたと思います。

この1stシーズンでの苦悩と頑張りを間近で見てきただけに、これからもシャドウバースを代表するプレイヤーとして活躍していただきたいですね。

注目の2ndシーズン、その展望

10月から開幕する2ndシーズンでは、これまでの4チームに新たに2チームが参画。まずは全6チームによる10節のリーグ戦で争われます。

1つ目の新規参入チームは、日本テレビ傘下の「AXIZ」です。世界で通用するesportsチームとなることを目標とし、その最初の施策としてプロリーグに乗り込んできます。1stシーズンのリーグ分析も徹底しており、勝てるチームを構築していきたいと語っていました。

そして2つ目の新規参入チームはプロサッカーの名門チーム「横浜F・マリノス」です。こちらもesports初参戦として挑戦の部分が大きいですが、「横浜F・マリノス」の名に恥じない力強いチームを目指すとのことでした。

release_team_join_0821

すでにそれぞれの選手選考は進んでおり、発表を待つばかりです。

9月16日のRAGE Shadowverse Brigade of the Sky GRAND FINALSにて2ndシーズンの対戦組み合わせ抽選会を行なうというアナウンスがありますので、こちらもぜひ楽しみにお待ちいただければと思います。

2ndシーズンは1stシーズンよりもレギュラーシーズンが2節少なく、短期決戦となるため、開幕戦でのコンディションがかなり重要になってくることが予想されますが、1stシーズンを戦い抜いた4チーム、そしてその姿を見てきた新規参入の2チームに関しては、しっかり仕上げてきてくれるでしょう。

激闘を繰り広げた1stシーズンよりも、さらにハイレベルな熱い戦いを期待したいと思います。

シャドバ甲子園2018開催!

シャドバ甲子園

https://shadowverse-highschool.jp/

プロリーグ1stシーズンは閉幕しましたが、シャドウバースの戦いの舞台はまだまだ広がり続けます。

8月24日(金)~25日(土)には、全国で開かれた予選を勝ち抜いた高校生たち16チームが頂点を目指す「シャドバ甲子園2018」の決勝大会がついに開幕。アディショナルカードが投入されてから初の大型イベントということで、選手たちの試行錯誤も見える大会となりそうです。

昨年は近畿勢の1、2フィニッシュで幕を閉じた高校生たちの祭典ですが、今年はどのような夏の熱いバトルを見せてくれるでしょうか? こちらも配信がありますのでどうぞお楽しみに!

  • 「全国高校生シャドバ甲子園2018」決勝大会 生配信

Day1AbemaTVウルトラゲームス OPENREC.tv
Day2AbemaTVウルトラゲームス OPENREC.tv

それではまた次回お会いしましょう。

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら