構築済みデッキレビュー「宴の始まり」編

kuroebi

kuroebi

ロイヤルトップ

今月末に発売される構築済みデッキ。詳細はこちらの紹介をご覧いただくとして、ここではその中の1つである「宴の始まり(ロイヤルデッキ)」について紹介していく。

気になるデッキリストはこちら。

宴の始まり デッキ

宴の始まり デッキ

このデッキの使い方

宴の始まり わがままプリンセス

↑ロイヤルの魅力はフォロワーの展開力だ。《[[わがままプリンセス]]》からは《[[クイックブレーダー]]》が登場! カード1枚で複数枚のフォロワーを場に出せる。

宴の始まり フェンサー

↑2コストの兵士フォロワーから、3ターン目に《[[フェンサー]]》を出す組み合わせは相性抜群! 相手の《[[スパルトイサージェント]]》を一方的に倒せたぞ。

宴の始まり 渾身の一振り

《[[渾身の一振り]]》は、特に後攻の時に強力。相手のフォロワーを除去しながら《[[ナイト]]》を出すことができるぞ。

宴の始まり 尽きない手札

《[[メイドリーダー]]》《[[アドバンスブレーダー]]》のおかげで後続を次々に呼び込めるので、手札がなくならないのがメリットだ。

宴の始まり 剣豪

↑レアなケースだが、《[[剣豪]]》大活躍の巻。なんとこのあと、《[[フレイムデストロイヤー]]》を2体倒したぞ!

宴の始まり 乙姫

《[[海底都市王・乙姫]]》は1枚でカード5枚分の働きをする。手札の《[[セージコマンダー]]》と合わせて、信じられないダメージが対戦相手に降り注ぐ!

戦術ワンポイントアドバイス

《渾身の一振り》の使い方

相手のフォロワーのほうが多いときに真価を発揮する《[[渾身の一振り]]》は、前述のとおり後攻時に輝く。しかし後攻1ターン目に《[[クイックブレーダー]]》を出してしまうと2ターン目以降、《[[渾身の一振り]]》《[[ナイト]]》を出しづらくなってしまう。なので、相手のデッキ次第ではあるものの《[[渾身の一振り]]》を持っているときは1ターン目には《[[クイックブレーダー]]》を出さずに温存するのがコツだ。

宴の始まり 渾身の一振り

さらなるオススメポイント

構築済みデッキのバランスは絶妙なので、これを機にロイヤルデッキを使ったことがない人もぜひチャレンジしてみてほしい。

また同じ構築済みデッキは最大3回まで購入することができる。強力なカードを3枚揃え、デッキのパフォーマンスをフルに引き出そう!

宴の始まり 強化案

↑構築済みデッキを3つと、メインストーリーをプレイすると手に入る《[[フローラルフェンサー]]》を組み合わせれば、このような超強力ロイヤルデッキを組み上げることも可能。君も手に入れてライバルに差をつけよう! 持っているカードが増えれば増えるほどデッキ構築の幅は広がっていく。

そして、もう1つビッグニュースだ。今回のデッキに封入されているレジェンド《[[海底都市王・乙姫]]》が、絵違いイラストになって収録されるぞ!

宴の始まり 進化前宴の始まり 進化後

↑絵違いの《海底都市王、乙姫》(左:進化前/右:進化後)

こちらの構築済みデッキは12月29日、「Rise of Bahamut/バハムート降臨」と同時に発売となるので、ぜひワクワクしながら待っていてくれ!

次回はいよいよ第3弾「バハムート降臨」の注目カードについて紹介していくぞ。お楽しみに!

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら