kuroebiのトーナメント指南 第20回:ファミ通CUP2017 決勝大会総括

kuroebi

kuroebi

ファミ通CUP_TOP

「Rise of Bahamut/バハムート降臨」リリース後の総まとめとも言うべき「Shadowverse Rise of Bahamut 〜ファミ通CUP2017〜」が2017年3月26日に秋葉原で開催され、大熱狂のうちに閉幕しました。予想を覆す展開、そして頂点にたどりついた新たなスタープレイヤーを皆で称えましょう!

ファミ通CUP_決勝トーナメント

ファミ通CUP_決勝大会_ステージ

↑決勝大会のステージは熱気と緊張感に包まれていました。

ファミ通CUP_ふぇぐ

↑優勝は素晴らしいデッキ選択とプレイで相手を圧倒した“ふぇぐ”選手!

クラス選択

3リーダーBO5というルールで行なわれた決勝大会は、予選から一部カードの能力変更を経て、さらに難易度が上がりました。つたない予想となりましたが、第19回のコラムでは出場選手たちのデッキ選択について、私の見解を紹介しました。

そして結果的に、各々が自分の信じる道を突き進み、非常に見応えのある、充実した試合内容となったわけですが、これほどとは正直予想しておりませんでした。

それではまず、各選手のクラス選択を見ていきましょう。


各選手の使用デッキ内訳

名前 クラス1 クラス2 クラス3
がっきー エルフ ドラゴン ビショップ
misobon ネクロマンサー ウィッチ ビショップ
Gumol エルフ ウィッチ ロイヤル
ふぇぐ エルフ ウィッチ ヴァンパイア
ふらわぁ エルフ ウィッチ ロイヤル
show エルフ ウィッチ ロイヤル
ポテポテ エルフ ロイヤル ビショップ
SKIRGE エルフ ウィッチ ヴァンパイア

今回のトーナメントは事前に対戦する相手がわかっており、1回戦目を勝つことが非常に重要となるため、初戦の相手を意識したデッキが選ばれていた、というのが印象的です。

後のインタビューにて、ポテポテ選手はmisobon選手の遅い構成を読んで攻撃的なデッキを3つ用意していたことが、そしてSKIRGE選手はがっきー選手が使用してくるであろうドラゴンを打ち破るために全デッキに《[[死の舞踏]]》を投入していたことが本人たちの口から語られました。

misobon選手もがっきー選手も正攻法で自身の得意なデッキを持ち込んでいただけに、対戦相手の戦略が刺さり、悔しい結末になってしまいました。

頂点に立つために彼らは何を思ったか? 注目のデッキ選択

エルフ・ウィッチはこの難しいトーナメントで勝つためのデッキとして高い魅力があり、1つないし2つは必ず採用されて大多数を占める形になりました。しかしその内容には各選手の個性が発揮されています。

最も多く使用されたエルフは、大きく2種の構成に分かれました。《[[古き森の白狼]]》《[[白銀の矢]]》を採用して持久戦を戦い抜く構成と、より攻撃的に立ち回れる構成です。どちらが良かったかという議論は難しいところですが、各々のクラス選択を見るに白狼+白銀コンビを効果的に使用できる相手は少なかったと言えます。

がっきー選手:エルフ

がっきー_エルフ

ポテポテ選手:エルフ

ポテポテ_エルフ

一方ウィッチは《[[次元の魔女・ドロシー]]》デッキ、《[[次元の超越]]》デッキ、そしてその2つを組み合わせた超越ドロシーと3種に分類されます。ウィッチの中での一番人気はドロシーでしたが、さまざまなカスタマイズが見られ興味深い構成です。彼らが何を思いこの構成にたどりついたか考えてみるのも面白いでしょう。

Gumol選手:ウィッチ

Gumol_ウィッチ

misobon選手:ウィッチ

misobon_ウィッチ

show選手:ウィッチ

snow_ウィッチ

三番人気となったのはロイヤルです。エルフとウィッチほどではありませんが安定性が高く、《[[レヴィオンセイバー・アルベール]]》でさまざまなデッキに対して勝利を期待できます。

ですが、このクラスに関しては決勝大会当日、完全に負け組に回らされてしまいました。

ふらわぁ選手:ロイヤル

ふらわぁ_ロイヤル

決勝戦に残った2人の選択、それはエルフ・ウィッチに加えてヴァンパイアを持ち込む、というものでした。この2つの中速ヴァンパイアデッキは素晴らしい戦果を収め、間違いなく決勝進出者両名の勝利の原動力となったと考えられます。

SKIRGE選手:ヴァンパイア

SKIRGE_ヴァンパイア

今回使用されたヴァンパイアに共通して言えるのは、ロイヤルに対してとても強く構築されている、ということです。中盤以降の盤面制圧能力で相手を上回り、疾走をシャットアウトする《[[クイーンヴァンパイア]]》は非常に効果的に働きます。

そして優勝を決めたふぇぐ選手の3デッキは、さらに一歩踏み込んで速度を追及した構築によって、歴史に名を刻む結果となりました。

ふぇぐ選手:ヴァンパイア

ふぇぐ_ヴァンパイア

ふぇぐ選手:ウィッチ

ふぇぐ_ウィッチ

ふぇぐ選手:エルフ

ふぇぐ_エルフ

戦いは次のステージへ!

今回の「Shadowverse Rise of Bahamut 〜ファミ通CUP2017〜」は本当に素晴らしい大会でした。しかし激戦を戦った選手たちはすでに次を見据えています。そうです、5月から開催される「RAGE Shadowverse Tempest of the Gods」が発表されているのです! 予選エントリー期間は2017年4月3日までとなりますので、この機会を逃さず、皆様奮ってご応募ください。

次回予告

次回はいよいよ新カードパック「Tempest of the Gods / 神々の騒嵐」の注目カードについて紹介していきたいと思います。お楽しみに!

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら