kuroebiのトーナメント指南 第38回:RAGE Shadowverse Starforged Legends東日本11月予選速報

kuroebi

kuroebi

58dd2a0dc8f1f07f0991bb8fbf7a8546

11月12日。この日、Shadowverseの歴史に新たなる1ページが書き加えられました。リアルタイムでご覧になられた方は私と同じようにその衝撃を味わい、声を上げたことと思います。今回はその舞台となった東日本11月予選大会を振り返ります。

 

11月予選大会・注目のデッキ選択

47d8697014b0b793b27940170e7b6944cee5b10e3e2f03a10ac53b89e8ef4bdf88254380dd10fd5f5bb763c62e13c019

10月予選大会で結果を残したデッキを中心に、いくつかのカードの能力変更を踏まえて新たなデッキを各々が構築し、何を使うべきかの検討が行なわれた結果、使用されたクラスはネクロマンサーが僅差で最多、その後ドラゴン、ウィッチ、ヴァンパイアが続くことになりました。

戦前は10月予選でも突破者を出した超越ウィッチに注目が集まっており、その対抗馬として攻撃的なデッキが勝ち上がるかと思われましたが、フタを開けてみればさまざまな相手にまんべんなく戦えるオールラウンダーなミッドレンジネクロマンサー、各種ドラゴン、土の秘術ウィッチに人気が集中したと考えられます。

それではこの予選大会を勝ち抜いた、3名の新たなるファイナリストを紹介していきましょう。

b731661f0e6fa829f88c6d4170f32e85-1024x649

↑東日本11月予選を勝ち抜いたGRAND FINALS進出者3名(写真提供:RAGE)

GRAND FINALS進出者紹介

SOS選手

2e7397a63daafbf3032224e82b9847d3-1024x682

(写真提供:RAGE)

りんご選手、misobon選手に次いで3人目となる、大型賞金大会での複数回GRAND FINALS進出者、それがSOS選手です。今年6月に開催されたRAGE Shadowverse Tempest of the Godsでは、優勝候補と言われながらも決勝戦で敗北。歴代チャンピオンのその後の輝かしい活躍を間近で見てきたSOS選手は、「今度こそは勝たなければならない」という強い意志と共に今回のRAGEに臨みました。

2017年10月期マスターポイントランキング1位を獲った際に使用していたアグレッシブなエルフデッキ、そして長期戦を見据えたミッドレンジネクロマンサーを握りしめ、たくさんの応援してくれる仲間と共に、彼は頂に立つための権利をつかみ取りました。

「今、一番強いプレイヤー」と称される実力者は、半年前に取り忘れた「優勝」の2文字を自身の経歴に加えることができるでしょうか。

SOS選手のネクロマンサーデッキ

39383e6af00cd05207b7d9ee32cd644f

デッキコードはこちら

SOS選手のエルフデッキ

cd852a73205c182ef8e2d2e88f15b133

デッキコードはこちら

ソルト選手

b928a7509e3e81c464c9aff8a9065b92-1024x682

(写真提供:RAGE)

初日からカウントして全13ラウンド全勝。圧倒的な強さとそのたたずまいから、早くも王者の風格を感じさせるソルト選手は、冷静沈着なプレイと卓越したデッキ構築能力により他者を圧倒し続けました。

彼が持ち込んだドラゴンとネクロマンサーは一般的なリストよりも一歩踏み込んだ攻撃的なものとなっています。能力変更が加えられた《[[原初の竜使い]]》をドラゴンデッキから排除するのではなく、むしろ改めて活かすためのカード選択が大成功を収めたと見ていて感じました。

「GRAND FINALSでも無敗を守りたい」と壇上で語る彼の姿からは、早くも勝利への自信がうかがえます。予選で有言実行し続けたソルト選手の活躍に期待が高まります。

ソルト選手のドラゴンデッキ

00ff6bb074be9dece2c876c76c8cceaf

デッキコードはこちら

ソルト選手のネクロマンサーデッキ

54f390d57858007204df4aeb29b7b907

デッキコードはこちら

hasu選手

fd295fb8011518b077f4008e37f5e534-1024x678

(写真提供:RAGE)

弱冠16歳の少年は、RAGEという大舞台でまばゆい輝きを放ちました。誰よりも柔軟な発想、誰よりも正確なプレイ、そして誰よりも抜きんでた勝負強さ。あの「最強王者」ま選手をも打ち倒した若き戦士は、全世界に向けて自分という存在を最大限にアピールしました。

今週はhasu選手の勝利の話題で持ち切りとなっており、hasuショックの影響は今週末の西日本予選にまでその波紋を広げています。特に超越ウィッチに《[[次元の魔女・ドロシー]]》のエンジンと《[[凍りづけの巨象]]》という破壊力抜群のエッセンスを加えたマンモスドロシー超越ウィッチは、固まりかけた現環境を1度リセットに追い込むほどの衝撃作でした。この抜群のセンスを武器にGRAND FINALSでも大暴れしてくれることでしょう。

hasu選手のウィッチデッキ

8eebb98dbdf35c149ceb92d0b5e9e29d

デッキコードはこちら

hasu選手のドラゴンデッキ

0ad65f06a80df39aaf6b23e0da5dec06

デッキコードはこちら

今回の結果を受けて、今週末に行なわれる西日本予選大会は激闘必至です。最後の予選突破者2名ははたしてどのようなプレイを我々に見せてくれるでしょうか!?

選手達が全力を尽くす姿を、ぜひ会場や配信にてお楽しみいただければと思います。今回もさまざまなサイドイベントや観覧席をご用意してお待ちしております!

RAGEサイドイベントのご紹介

https://rage-esports.jp/2017winter/sv/event.html?id=sideevent

 

また、RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会のエントリー締切が11月19日23時59分まで延長となりました。参加するだけで《[[風の軍神・グリームニル]]》のエンブレムと「Starforged Legends/星神の伝説」カードパック2パックがもらえますし、日本代表の座を賭けた最後のオープン大会に出場するチャンスですので、ぜひともエントリーをよろしくお願いいたします!

https://sv.j-cg.com/wgp/

705e8945300ef103ea19373e512020f9-1024x370

次回予告

次回は「RAGE Shadowverse Starforged Legends」西日本予選の速報をお届けします。お楽しみに!

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら