kuroebiのトーナメント指南 第39回:RAGE Shadowverse Starforged Legends西日本予選速報

kuroebi

kuroebi

58dd2a0dc8f1f07f0991bb8fbf7a8546

2000人が2つの席を求めて競い合うという、非常に難しい戦いの場となった西日本予選。東日本11月予選からわずかに1週間という、時間の制約をも与えられたこの予選大会で、狭き門を抜けGRAND FINALSに到達したプレイヤーはどのような選択をしたのでしょうか。あとに控えるWorld Grand Prix予選にも強く影響を与える、注目の大会を紐解きます。

 

西日本予選・注目のデッキ選択

cee5b10e3e2f03a10ac53b89e8ef4bdf47d8697014b0b793b27940170e7b694488254380dd10fd5f5bb763c62e13c019

環境の本命はドラゴンとネクロマンサー、そしてそれらに対して良い位置にいるウィッチ。この認識は東日本予選から引き続き西日本予選でも変わることはありませんでした。しかし参加者にその認識が浸透したため、デッキの構成が大きく変貌を遂げています。

それぞれがそれぞれのクラスを強く意識した結果、ドラゴンは少々重めのカスタマイズが姿を増やしましたし、ネクロマンサーは全方位対応型のミッドレンジが主流に。ウィッチはさらなる速度を求めました。また、それ以外のクラスに関しても仮想敵が明確になったことから、より鋭いデッキ選びが見られました。事実、Day1とDay2の各クラスの選択比率はほぼ同率であり、さまざまなクラスにチャンスがある環境だということが見て取れます。

それではこの西日本予選を勝ち抜いた、2名のファイナリストを紹介していきましょう。

b4fcb82114f85ab4bc0f4f31fd797c3f-1024x682

↑西日本予選を勝ち抜いたGRAND FINALS進出者2名(写真提供:RAGE)

GRAND FINALS進出者紹介

カイト選手

0f6c62acb69e2c64bd15d60c26a39aee-1024x716

(写真提供:RAGE)

若くして老練。「まさかここまで勝ち残れるとは思わなかった」と謙虚に話すカイト選手は、19歳という年齢ながら数多くのカードゲーム大会優勝歴を持ち、そしてどんな窮地でも顔色ひとつ変えない豪胆なプレイヤーです。自身の体力が残り1という目を覆いたくなるような絶体絶命の場面ですらも、最後まであきらめずに最善手を打ち続けられるメンタルの強さは、勝利をたぐりよせる彼の一番の武器と言えます。

今大会ではさまざまな状況に対応できるバランス型の秘術ウィッチとミッドレンジネクロマンサーを使用しており、彼のプレイスキルと合わせて難しい試合を制し続けました。GRAND FINALSでもその堅実なプレイと百戦錬磨の経験が、カイト選手の背中を後押ししてくれるでしょう。

カイト選手のウィッチデッキ

9f0078df2dfe075debcc5c78bf845fe8

デッキコードはこちら

カイト選手のネクロマンサーデッキ

b1a933241821e929399374a3bcaaea81

デッキコードはこちら

 

あんちょー選手

41e7188103a7e61390fbb4f51807e679-1024x682

(写真提供:RAGE)

敵はネクロマンサーとドラゴン。数多あるデッキの中から環境最多の相手を徹底的に対策するという答えにたどりついたあんちょー選手は、仲間の声援に応えるかのように勝ち星を重ね続けます。プレーオフ決勝戦は今大会中に一度下したりぷとん/PaR選手との再戦となりましたが、相手のプレッシャーにも屈さず丁寧に丁寧に歩を進め、最後には渾身のガッツポーズと共に必殺技を叩き込みました。クールな立ち振る舞いの中に見せたこの熱さこそがあんちょー選手最大の魅力でしょう。

「勝ったことが夢のようで実感が湧きません」と語る青年。しかしその目には確かに次の目標が見えています。GRAND FINALS制覇、そしてその勝利の後に続くであろうWorld Grand Prixまで一気に駆け抜けるかもしれないあんちょー選手の活躍が楽しみです。

あんちょー選手のドラゴンデッキ

3b789f8abd80222e4d7bf0e0aca62fba

デッキコードはこちら

あんちょー選手のウィッチデッキ

86ca621eec83aaa7672a15bc5da01754

デッキコードはこちら

f4a8eecfd0c5251223b35f2ccf9cc26e-1024x165

運命のGRAND FINALSは12月10日(日)に開催されます。これからの2週間あまりの調整にて、各選手はどのような自分なりの回答にたどりつくのか、そして全国7000人の頂点に立つのは誰なのか。

心してその日を待ちたいと思いますが、まずは11月27日(月)に放送されるGRAND FINALS組み合わせ抽選会にて選手の皆さんの話を聞くことができますので、そちらも併せてお楽しみください。

『RAGE Shadowverse Starforged Legends』ファイナリスト勢揃い!抽選会

https://www.openrec.tv/live/IsdJ0qLv1PA

 

日台韓を代表する強豪プレイヤーたちの祭典「WIRFORCE 日台韓対抗戦」

wirforce_1280_720

11月25日(土)、台湾のゲームイベント「WIRFORCE 2017」のメインステージで、日本・台湾・韓国のトッププレイヤーが一堂に集結し雌雄を決する「WIRFORCE 日台韓対抗戦」が開催されます。

日本代表チームは、ふぇぐ選手、Enju選手、Surre選手、そして監督にま選手という歴代チャンピオン揃い踏み。日本チームの優勝が期待されますが、ほかの国や地域の選手たちも各予選を突破してきた猛者ばかりです。台湾や韓国チームの中には年末に開催されるWorld Grand Prixに出場が決定している選手もおり、World Grand Prixの前哨戦のような位置づけの大会となっています。

当日は各プラットフォームで配信を行ないますので(こちらのページに各リンクがあります)、一緒に日本チームを応援しましょう!

次回予告

次回(12月8日更新予定)はWIRFORCE 日台韓対抗戦のほか、これから開催される各イベントの振り返りを行ないます。
 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら