kuroebiのトーナメント指南 第40回:日台韓対抗戦とWGP JCG予選大会、そしてGRAND FINALSへ

kuroebi

kuroebi

aa9d05dc64683dec0c0cfa0a7684117f-1024x504

11月後半から現在にかけて、「RAGE Shadowverse World Grand Prix」(12月23~24日開催)につながるイベントが立て続けに開催され、たくさんの方がストリーミングを楽しまれたかと思います。

今週末には日本代表最後の2枠も決まり、いよいよ年末に向けてのラストスパート。今回のコラムではこの2週間で行なわれたイベントを振り返ります。

世界大会の前哨戦、「WIRFORCE 日台韓対抗戦」結果

https://shadowverse.com/esports/2017/asia/jp/

wirforce_1280_720

↑日本からはこちらの3名が出場。

5b7e74da597c341f64aba22eb83d6ada

↑会場風景。

1e9a903f4d99a66e8f34ee2b918db5ce

↑2回戦に日本チームが登場。

fc5f14494bc7b0046f8fb16267218d06

↑決勝戦に進み、台湾チームと対戦。

54ccdaf7d0eb3ce0a715c23fa9f95ee1

↑日本、優勝トロフィーを獲得!

c6918089fd96c88699280a722eda51aa

↑左からSurre選手、Enju選手、ふぇぐ選手、監督のま選手。

日本強し!

11月25日(土)に台湾にて行なわれた「WIRFORCE 日台韓対抗戦」は、これまで国内の大会では採用されてこなかった特殊なルールによる3人チーム戦でしたが、日本チームの3名はきちんと適応してみせ、最初から最後まで見事なチームプレイで優勝を飾りました。

プレイはもちろんのこと、デッキに関しても手堅い選択でスキを作りづらい構成を徹底していたように思います。

今回のイベントで国内外に日本王者たちの力が発信され、「RAGE Shadowverse World Grand Prix」にて世界制覇を狙う12名の海外代表選手らの闘志にも火がついたことでしょう。出場する選手情報に関しては当コラムでも追って取り上げる予定ですので、続報をお待ちください!

オンラインからオフラインへ、「World Grand Prix JCG予選大会」結果

705e8945300ef103ea19373e512020f9-1024x37011月下旬の4日間にわたり、計1万人以上がエントリーしたオンライン予選大会を勝ち上がってきた8名が、日本代表2枠をかけて12月3日(日)に激突しました。

カードの能力変更施行からわずか4日後の大会、そして慣れないルールや対戦環境という普段のゲームとのギャップもあり、オンライン予選を勝ち抜いてきた選手とはいえ、非常に難しい大会だったと感じました。

ただ、オンラインから世界大会へ続く道が提示されたのは、ゲームの可能性を広げる上では確実にプラスとなることですし、日本にいるすべてのプレイヤーにチャンスがあるということでプレイヤーにとってはゲームに取り組みやすい環境が整ってきたと言えます。今後も新たな才能にあふれる選手が発掘されるきっかけになればおもしろいですね。

それではこの予選大会を勝ち抜いた、2名の日本代表選手を紹介したいと思います。

d3ad749e7c97351aa2725f0c48c4a836-1024x768

↑World Grand Prix JCG予選大会を突破した2名

サトシ選手

7938f8d5cd638f31b1d7e76e42198df5

この予選大会を無敗で突破したサトシ選手は、RAGEでのDay2進出経験はあるものの、これまではShadowverseで自身の存在をアピールする機会に恵まれてきませんでした。ですが今日からは違います。彼は予選大会優勝という実績を引っ提げ、名高いチャンピオンたちと世界王者の座を争うステージまで到達しました。大会に向けてなかなか練習時間や練習環境を確保できなかったと本音を漏らしていましたが、World Grand Prixまでの2週間、精一杯の準備をしてきてくれることでしょう。

サトシ選手のエルフデッキ

bbe684fbc626ef981c08e9cb7e565874

サトシ選手のウィッチデッキ

833ffd14c641e79a8936bd046a2ef079

サトシ選手のドラゴンデッキ

2950f81818fff4a03bb7d84639ce3da2

 

あるさん選手

856f824cecde9af8c7e232ea493fe8db

友人に誘われてShadowverseを始めたと話す20歳の若者は、この予選大会に向けて毎日数時間、研鑽を積んできた努力の人です。予選大会当日は緊張から自分らしいプレイができなかったと反省していましたが、勝つためのデッキ選択、特にビショップを用いた勝利は今後の大会にも影響を与えるトピックだったかと思います。World Grand Prixでも素晴らしいデッキ選択による活躍が期待されます。

あるさん選手のウィッチデッキ

33e5095fa9e8ce0000549ad3b36632b5

あるさん選手のドラゴンデッキ

4a6ef4f6e29b3d2ec643a651398b0f21

あるさん選手のビショップデッキ

ac80bcdce99749db66251ca175d8f516

 

いよいよ直前!「RAGE Starforged Legends GRAND FINALS」

6f297b8ff4b62bb972e95e8790d73bbf-1024x240

7108971509012

(画像提供RAGE)

https://rage-esports.jp/2017winter/sv/

12月10日(日)、厳しい予選を勝ち抜いてきた8名による2017年最後のGRAND FINALSがいよいよ幕を開けます。抽選により決定した組み合わせを見ても、誰が勝つのかまったく予想がつかない実力者ぞろいのこの舞台。いったい何が起こるのか、今から非常に楽しみです。

当日は本戦のほかにも、サイドイベントが開催されます。

コスプレイヤー撮影エリアでは「Starforged Legends / 星神の伝説」のキャラクターに扮した3名とクレイゴーレムが皆様のご来場をお待ちしております。

9fa0f70ad3279868f12376256fa159b9

(画像提供RAGE)

また、イベントでは定番となりました4人フライト式トーナメント、そしてShadowverseやRAGEのオリジナルグッズを取り扱う物販コーナーも充実しております。ぜひ会場に足をお運びください!

38681f9b62290bfb9809961397c23583

71fab6e17a27d1d617308e3a168defc1

11cb2b1db3a1ba90909b6a1bfa0f5d12

(画像提供RAGE)

↑物販コーナーで販売される新商品の一例。上からRAGEマフラータオル(PINK)、Shadowverse Tシャツ(ルナ)、Shadowverse × RAGE ランダム缶バッジ。ほかにも多数のグッズが用意されています。

また本イベントは入場観覧無料ですが、より大迫力で観戦を楽しめるアフターパーティ参加権つきの指定席も販売しております。こちらは12月9日23時59分までの申し込みとなりますのでどうぞご検討ください。

次回予告

次回コラムでは「RAGE Starforged Legends GRAND FINALS」の総括を行ないます。お楽しみに。

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら