kuroebiのトーナメント指南 第42回:RAGE World Grand Prix開幕!

kuroebi

kuroebi

af025a0a23be42b30134191c432312a7

2017年のShadowverseを締めくくる招待制イベント「RAGE Shadowverse World Grand Prix」がいよいよ開幕となります。

世界の各地域で素晴らしい成績を残した24名が一堂に会し、初代世界王者の座を求めて戦いを繰り広げます。

今回はWorld Grand Prix直前ということで、大会スケジュールや選手情報をご紹介したいと思います。

f8f7e152f6fb34f1bc76c41b5688314d

大会スケジュール

「RAGE Shadowverse World Grand Prix」は12月23~24日の2日間で世界の頂点を決める招待制大会です。

23日は予選ラウンドとして、通常対戦で2リーダーBO3と、2PickでBO1をスイスドロー方式計8ラウンド行ない、上位8名が翌日のGRAND FINALSへ進出。

そしてGRAND FINALSは通常対戦の3リーダーBO5シングルエリミネーションで最終順位が決定します。

※トーナメント用語解説

・2リーダーBO3

自身で選択した2リーダーのデッキを用い、最大で3戦行なって2本先取で勝敗を決定。一度バトルに勝利したリーダーは同じ対戦相手には使用できない

・スイスドロー方式

成績が近いプレイヤー同士が対戦する方式

・3リーダーBO5

自身で選択した3リーダーのデッキを用い、最大で5戦行なって3本先取で勝敗を決定。一度バトルに勝利したリーダーは同じ対戦相手には使用できない

・シングルエリミネーション

負けたらトーナメントから除外される勝ち抜き戦

5b682f238d1c2eb6dcc3c5117d656d28

e05a0532935bdc907131f38f4f160ef6

今回のルールでは、構築戦と2Pickの混合フォーマットが採用されており、特に2Pickの3ラウンドが差し込まれている部分が絶妙です。

GRAND FINALS進出確定のボーダーラインがおおむね5勝3敗に設定されていることから、もしここをすべて落としてしまうと一気にGRAND FINALS進出が難しくなり、スイスドローラウンドの順位的にも相当なビハインドを背負うことになります。

各代表選手が2Pickをどこまで詰められるかが予選突破の鍵となりそうです。

招待選手紹介

韓国代表

6daca1567602e178ed01b69b73495262

4259be5c596b9103964355d091f52d30

9be508bf7a89340770474d76a109dc70

韓国はデジタルカードゲームのe-sports化を早期に実現し、プロリーグの様子がテレビ番組として毎日放映されるほどエンターテイメントとして熟成しています。

そんな韓国ではShadowverseの競技化も迅速に進みました。

World Grand Prixの出場権利を賭けた「MASTERS OF SHADOWVERSE KOREA」を優勝したSilentSlayer選手はShadowverseが韓国でリリースされる前からプレイしており、Shadowverseにおける韓国内のパイオニアとして活動しています。

日本語も堪能で常に感度高く情報収集を行なっており、時には日本へ練習に来ることもあるため、今大会の海外勢の中でもっとも警戒すべき相手でしょう。

cfe9f7f80e430f3a26f1a28c58f371f2-1024x576

↑SilentSlayer選手

 

ほかにもChopin選手は先日行なわれた日台韓対抗戦でも韓国代表に選ばれていますし、韓国公式大会“最多”勝利者として3人目の枠を勝ち取ったyau選手は初の国際試合「日韓戦」でも韓国チームのリーダーを務め、ま選手に勝利した実績を持つ実力派配信者です。

誰1人として油断ならない曲者が揃った印象を受ける韓国代表のパフォーマンスは、決して無視できないものになるでしょう。

台湾代表

32b6f4d1a244e9f3bcbd6c0e1c1193ef

157e0fb2bdff58f72bd9df43352c345a

edc2d15f2039f8af23b6e88c2b463a17

日台韓対抗戦でも日本チーム相手に善戦した台湾代表の3名はそれぞれ台中、台北、高雄の3か所で開催された「2017 Shadowverse Taiwan Open Winter Series」の優勝者です。

今年5月に台湾でShadowverseがリリースされてから、台湾最大級のゲームイベントのメインステージを飾るタイトルにまでのし上がったShadowverseにかかる期待は大きく、台湾のファンは台湾代表の世界王者戴冠を心待ちにしているでしょう。

トリッキーなテクニックを重視する3名ですが、日台韓対抗戦での日本チームとの対戦を経て、どれだけ研鑽を積んで東京に乗り込んでくるのか注目です。

北米代表/欧州代表

5a921b83683efc2c23bc5f65b505aa5a

dd36b001c65e5248089e06fb239ff4e9

9cdfdf97324eee36733a99bd61c63ff4

74ef35774bee18f4ca41089df7937371

248d9cec62ed717875c7e9a64fdc2902

878a7f87725cbda5471733a7a2a92dc7

ゲームイベント運営団体NGEが主催する「NGE Shadowverse Open」にて、7月末から長期間にわたりこのWorld Grand Prixの出場権をかけたオンライン大会が北米地域と欧州地域で開催されてきました。

直前予選で勝利した6名とオンライン大会入賞ポイント獲得者上位6名の計12名による代表決定戦(ダブルエリミネーション方式)で3名の代表を選ぶという大会に勝ち残り、彼らは東京への切符を手にしています。

中でもアメリカ合衆国のJaZe選手は代表決定戦を全勝で突破しているだけでなく、12月17日に開催された「NGE Shadowverse Open Starforged Legends NA Grand Finals」でも優勝を果たしており、北米地域における絶対王者としての地位を確立しています。

ギリシャのPain選手、ポルトガルのAkamarured選手も代表決定戦を全勝で突破、また惜しくも決勝で敗れはしましたがAkamarured選手は「NGE Shadowverse Open Starforged Legends EU Grand Finals」でも2位という安定した成績を残しています。

懸念があるとすれば、彼らが普段行なっている大会が3リーダー1BANのBO3という独特のルールなので、彼らにとって馴染みのない日本式のルールに対応できるかどうかという点でしょうか。

日本代表

56ca14bb36f17944a27d31b93ff07d3e

1a67fb29a6e67473055634a0d19762c1

a5af16aa41dfaf27b1dc65df8e10096d

3c34973c42871b700b907c17e8f22bb2

94e894f7ce4f5bb616f6d63fe94c6963

b923cc01c3fa60d183f6bb2471355e43

166fb2aaeddbc98341cc1396f3b7f90d

]

9ba5da2fd38a4b2ba149dcd440e7d126

409343b2d21ca1f66bd536f8eb5894cd

0bc573816769e285dfbbdadf77c3e102

9208369122b09f7fcc9b467cdd89f36a

 

日本代表12名はいずれも厳しい大会を勝ち抜いてきた猛者揃い。

2Pickがルールに加わることは予期していなかったという声も聞かれましたが、World Grand Prixで勝つための努力をしっかり積んで当日を迎えてくれるはずです。

そして彼らにとって、“Shadowverse 初代世界王者”の称号はやはり格別。全員が全員、この称号を是が非でも手に入れたいと思っていることでしょう。

日本のゲームの世界チャンピオンはやはり日本代表から生まれてほしいと思っている方も多いと思います。

日本から世界の舞台へ飛び立つ12名の戦士たちを、ぜひ応援してください。

23日の予選には一般観覧はありませんが、以下の配信にてピックアップした試合をお送りします。

また24日のGRAND FINALSに関してはベルサール高田馬場にて一般観覧がありますので現地観戦、および配信にてお楽しみいただければと思います。

次回予告

次回コラムでは最新パック「時空転生 / Chronogenesis」の注目カードを取り上げます。お楽しみに。

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら