お手軽デッキでスタートダッシュ!:ソイヤで始めるビショップ編

瀧村和幸

瀧村和幸

ソイヤ_ビショップ_1

シャドウバース初心者に向けたサンプルデッキ紹介コラムをお届けする。「カードをあまり持っていない……」という方でも安心して組めるよう、ブロンズレアとシルバーレアのみで構築してあるぞ。

今回は「ビショップ」編だ。タキニキを信じてぜひ参考にしてみてほしい。

イリス(ビショップ)サンプルデッキ

ソイヤ_ビショップ_2

(生成コスト:3,550)

消滅スペル、回復スペル、守護持ちフォロワーと、守りに特化したカードで編成されたコントロールデッキだ。速度こそないが、さまざまな盤面に対応できるのが魅力だ。

ソイヤ_ビショップ_3

↑ビショップといえばカウントダウンアミュレット。プレイしてから効果を得られるまでの時間差はあるが、強力なカードが多い。ラストワード効果ゆえ破壊されても効果は誘発するので、間違っても相手のカウントダウンアミュレットを破壊しないようにしよう。

ソイヤ_ビショップ_4

↑アミュレットから出るフォロワーは左下の召喚情報ボタンをタップすることで確認できる。ただし能力までは表示されないので、一度はプラクティスなどで試しておくといいだろう。

ここがポイント!

ソイヤ_ビショップ_5

《[[漆黒の法典]]》《[[鉄槌の僧侶]]》の効果は、フォロワーの体力を参照する。低コストのフォロワーなどでダメージを負わせてから大物を打ち取れる、ということを覚えておこう。自分が持つリソースを無駄なく使っていくことが、コントロールデッキでは大事なことだぞ。

ちょい足しで差をつけよう!

ソイヤ_ビショップ_6

押されている状況で輝く名前通りのカードだ。サンプルデッキ内の《[[詠唱:聖獅子の牙]]》あたりと入れ替え、デッキの防御力をさらに高めよう。

ソイヤ_ビショップ_7

ビショップの中でも唯一と言っていいほど攻めの方向を向いているカードが《[[ムーンアルミラージ]]》だ。その能力から非常に場持ちがよく、相手を抑え込む力に秀でている。サンプルデッキ内《[[詠唱:神鳥の呼び笛]]》《[[ガーディアンシスター]]》《[[ギルガメッシュ]]》あたりと入れ替えてみよう。

ソイヤ_ビショップ_8

《[[サタン]]》が生み出すアポカリプスデッキには相手を複数回倒せるぐらいの殺傷能力の高いカードが詰め込まれている。最大のコストとあって非常に強力なレジェンドフォロワーだ。勝ち筋が薄いビショップには最適のカードなので、サンプルデッキ内の《[[ギルガメッシュ]]》あたりと入れ替えて使ってみよう。

神に逆らう愚か者共に鉄槌を!

過酷溢れる世界を救うのは君だ! ソイヤッ!

瀧村 和幸
瀧村 和幸

アーケードカードゲームで実績を残し、世界的アナログTCGにおいては、国際的な賞金大会で優勝した経験を持つプロプレイヤー。 シャドバではヴァンパイアを使いこみ、「タキニキ」の名前でランキング上位の常連となっている。

瀧村 和幸の記事はこちら