構築済みデッキを改良してデッキ構築を学ぼう! ビショップ編

kuroebi

kuroebi

26b647849093e65df196cae5947a46bd

これまでに、ネメシスを除く各クラスごとに第3弾まで構築済みデッキがリリースされてきました。これらはどれも初心者向けに構築されており、各クラスの特徴やデッキの戦略に合った40枚のカードで構成されています。

しかしこれらの構築済みデッキはあくまでゲームの導入用という立ち位置です。私は新たに入手したカードをテーマに合わせてデッキに投入し強化していくことがカードゲームの醍醐味の1つであると考えています。

そこで、今回のコラムでは構築済みデッキをベースとして、新たなカードを組み込んでデッキを改良してみたいと思います。この作業を通して、デッキ構築の際の考え方を実地でつかんでいくことができるのではないでしょうか。

ベースとなる構築済みデッキの詳細はこちら

構築済みデッキレビュー:ビショップ「白翼の加護」編

45f61d3d928952152092f6e94cb34799

また、今回改良するデッキは、以下の条件下で作成します。

  • ローテーションフォーマット対応
  • 追加するカードはベーシックカード、「Chronogenesis / 時空転生」、「Dawnbreak, Nightedge / 起源の光、終焉の闇」から選択
  • 必要なレッドエーテル数30000以内(もとの構築済みデッキは16700エーテル)

 

デッキの方向性を定めよう!

ビショップは多数のカウントダウンを持つアミュレットを有しており、能力発生までのタイムラグこそあれど、その多くは支払ったプレイポイントに対して割のいい能力を持っています。

特にフォロワーを出すカウントダウン・アミュレットは登場するフォロワーの質が高く、これによってサイズで圧倒するという勝ち手段がビショップには与えられています。序盤は耐える展開となりますが、中盤からの制圧力は他を寄せつけません。

今回はアミュレットを多数採用した攻撃的なデッキへと改良していきます。

75e79ae2cada7f879ca91e778ec0833ec120faec19289d27962048e56dcb009c

↑ひとたび解き放たれれば、その巨体が相手を蹂躙する

新たに投入するカード・ピックアップ

まずはアミュレットの追加を行ないます。

デッキにはすでに《[[詠唱:聖獣への誓い]]》が投入されていますが、これに加えて《[[詠唱:宝石の甲羅]]》を採用しましょう。このカードは場にある際に進化するとカウントダウンが進むため、より早く場の制圧に動き出すことができます。また、《[[星導の天球儀]]》からの2ターン目の動きを安定させるという役割も担ってくれます。

61efeca6d670e1c6faa6b5e65c143368

カウントダウン・アミュレットを多用する際に気をつけるべきなのは、後攻時の立ち回りです。プレイポイントを先に多く使える先攻は、アミュレットを順に設置していても被ダメージはそこまで大きくはなりませんが、後攻のときには悠長に動いているとそのまま押し切られてしまう場合があります。

そこで後攻4ターン目に相手のリードを一気に無に帰す《[[鉄槌の僧侶]]》を追加して、デッキの弱点を補いましょう。

9fe484ccfe63785e1865e19819935b32

カウントダウン・アミュレットで築いた中盤のリードを確固たるものにするためには強力な守護フォロワーをデッキに投入するのが有効です。

《[[ヘヴンリーナイト]]》は高い体力を持つ守護フォロワーでありながらアミュレットが場にあると疾走を持ち、とどめの一手としても使用できるレジェンドです。これと《[[グレートタウラス]]》で一気に相手の体力を削ることも可能です。

43faef58c565c7289dc2e337df694e5b

ビショップは体力の高いフォロワーが多いので、体力がそのまま攻撃力となる《[[頂きの教会]]》は望外のダメージを叩き出してくれるでしょう。特に先ほど紹介した《[[ヘヴンリーナイト]]》との組み合わせは強力で、7ターン目から対戦相手は生きた心地がしなくなります。

ただし場合によってはこれによって与えるダメージ量が大幅に減ってしまう状況もありますので、序盤から設置しても問題ないかどうかしっかり考えてプレイしましょう。

1c5cd714bfa64886b64e3a231bc003b7

デッキ内のカード・コストが下がれば下がるほど、手札が尽きてしまうシチュエーションに遭遇しやすくなるため、手札を増やすカードの価値が高くなります。

《[[宝石の巫女]]》はチョイスを持つフォロワーで、序盤は《[[ホワイトダイヤモンド]]》で手札補充、相手を攻める段階に入ってからは《[[ブラックダイヤモンド]]》でさらなるダメージ源へと変化するのが特徴です。自分の状態をきちんと把握し、より適切なチョイスで勝利へと進みましょう。

2267730aee3fc8acab9b8da368f882f5

13f7f662f4cd13e66256e4c3dbfdbb2ec56dbf1ecd05ed21fff8535c66b52af1

完成したデッキはこちら!

改造後_ビショップデッキ

 

今回採用したカードのほかにも、このデッキに合うカードは多数存在しています。あなたの所持カードの中からお気に入りのカードをデッキに投入し、あなただけのオリジナルデッキを作成してみてください!

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。カードゲームプレイヤーとして過去に数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における実況や解説者として活躍。2017年10月より株式会社eStream所属のゲームキャスターとして活動中。好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら