シャドバフェス!レポート第2回「会場風景・大会」編

サイト管理者_

サイト管理者_

ph01

Cygamesがおくる本格スマホカードバトル「Shadowverse」超大型イベント「シャドバフェス!」が2018年5月5日、6日の2日間、千葉県の幕張メッセで開催されました。

ご来場いただいた皆さま、インターネット配信でお楽しみいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

本コラムでは、全3回でその模様をレポートします。第2回は「シャドバフェス!」の会場風景と、2日間に渡って開催されたさまざまな大会・イベントをレポートします。

大迫力の巨大バハムートバルーン!

「シャドバフェス!」会場内でもっとも目立っていた存在、それは何と言っても会場入り口付近に設置された巨大なバハムートのバルーンでしょう。《[[バハムート]]》を忠実に再現したこのバルーンはフォトスポットや待ち合わせ場所として「シャドバフェス!」開催期間中、常に人の絶えない空間となっていました。

ph03

 

歴代のカードたちがズラリ! ギャラリーコーナー

バハムートバルーンを過ぎると、次に待っているのは歴代の全カードが飾られたギャラリーです。「クラシックカードパック」から「Dawnbreak,Nightedge / 起源の光、終焉の闇」までの全カードが並べられており、お気に入りのカードの前で記念撮影をする来場者の姿が多く見られました。

ph04

ph05

ph06

また、数々のイラストレーターによって彩られた『Shadowverse』のイラストを使用したグッズの販売ブースにも、朝からたくさんの人が訪れていました。

ph07

ph09

ph10

 

普段と違う頭を使う!? リアル脱出ゲームも出張出展

会場には現在、東京ミステリーサーカスにて開催されている「リアル脱出ゲーム×Shadowverse 影に沈む世界からの脱出」に関連した謎解きコーナーも出展されていました。

ブースの各所には謎とそれを解くカギとなる問題が掲げられており、ある人は単独で、またある人は友達と一緒に謎解きに挑んでいました。

ph12

 

熱戦と笑いと感動が生まれたメインステージ

会場の一隅に設置されたメインステージは「RAGE Shadowverse Pro League」の開幕戦や「しゃどばすチャンネル」出張版、「第3回シャドバミー賞」授賞式、コスプレショー、「シャド場」収録といったさまざまなイベントが催されました。

2日間、ステージ上ではプロリーグの熱戦があり、声優さんたちによるトークあり、美麗なコスプレイヤーさんたちのショーありと、さまざまな光景が見られました。

どのイベントも出演者と観客が一体となったステージとなっており、ステージの周りは常に拍手と歓声に包まれていました。

自然と会場各所に足を運んでしまうスタンプラリー

これまでに紹介した各種のイベントをめぐると、その近くにあるスタンプコーナーでスタンプを獲得できました。このスタンプを3つ以上集めることでゲーム内で使用できるエンブレムと交換でき、さらに『Shadowverse』グッズが当たる抽選に参加できました。

ph17

ph18

 

聞いて、見るだけじゃない。『Shadowverse』を存分に味わうオリジナルフード!

会場を歩いてお腹が空いた人にはフードコーナーが待っています。お祭りやイベントではおなじみのお店だけでなく『Shadowverse』のオリジナルフードも豊富に用意されていました。また、オリジナルフードを頼むと各メニューにちなんだコースターがもらえました。

ph21

ph24

オリジナルフードはドリンクがあっさりとした味わいの反面、カレーやオムライスはとてもボリュームがあり、1品ずつ頼むとしっかりとお腹を満たすことができました。特に《[[アルティメットキャロット]]》をモチーフにした「ほっぺをブチ落とすニンジンカレー」は見た目のインパクトも大きく、たくさんの人が興味をひかれていたようでした。

ph27 ph28

 

憧れのプレイヤーやプロ選手と交流! 有名プレイヤー対戦コーナー

会場の中央には有名プレイヤーとの対戦コーナーが設けられており、こちらも終日にぎわっていました。

対戦を希望したプレイヤーから抽選で対戦者が決定し、本気の勝負を挑む人もいれば、デッキ構築について手ほどきを受ける人もいてと、皆さん思い思いのスタイルで有名プレイヤーとの交流を楽しんでいました。

ph30

有名配信者のもこうさんは、「ネメシス」が好きだというプレイヤーの挑戦を受けていました。もこうさんは「ネメシスに、僕が声あててるカードがあるんだけど、デッキ入れてくれてる?」と、挑戦者のネメシス愛を笑いまじりに問いかけるなどして、和やかなムードで対戦を行なっていました。

有名プレイヤー対戦会の周りは、たとえ抽選に当たらなくとも、有名プレイヤーが対戦をしたりトークをしたりする姿を見るために大勢の人が集まり、ギャラリーも一緒になってイベントを楽しんでいる様子でした。

『Shadowverse』キャラクターが目の前に! コスプレイヤー撮影会

2日目に行なわれたステージイベントでも『Shadowverse』のコスプレイヤーは大人気でしたが、この2日間は入れ替わりでコスプレイヤーさんと記念撮影をできるコーナーがあり、撮影会の時間が近づくと大勢の人で行列ができていました。

ph35

今回の「シャドバフェス!」には総勢14名のコスプレイヤーさんに参加いただきました。新キャラクターとして《[[ブラッドクイーン・ヴァンピィ]]》《[[アマテラス]]》《[[ツクヨミ]]》のコスプレイヤーさんも登場し、会場を華やかに盛り上げてくれました。

ph37

ph34

 

「シャドバフェス!」では大規模大会も複数開催!

ここまで会場の様子をお伝えしてきましたが「シャドバフェス!」では、さまざまなフォーマットの大会も数多く開催されました。

  • 1024人、2日間でわたって行なうアンリミテッドトーナメント
  • ローテーション、アンリミテッド、2Pickをそれぞれ分担して戦う3人チームトーナメント
  • 250名で行なう2Pickトーナメント
  • 4人プレイヤーが集まればその場で開催される4人制トーナメント

 

ph40

ph42

ここからは各トーナメントで優秀な成績を残した方たちを、いただいたコメントとともに紹介していきます。

ph43

アンリミテッド大会で見事優勝を果たした「ごろりの左脳」さん。

「本当は来る予定がなかったんですが、たまたま高速バスが1席空いているのを見つけてきたら優勝してしまいました」とおどけます。

「Day1を突破した時点で交通費とかはペイできたので、あとはボーナスステージだと肩の力を抜いてやれたのが勝因ですかね」と、2日間の戦いを振り返りました。

学生時代には1人旅で日本をめぐっていたこともあるそうで、今回も宿泊施設はリーズナブルなゲストハウスとのこと。その度胸が今回のような大会でも普段どおりのプレイを可能にしたのかもしれません。

「優勝したけど、これで一発屋にならないようこれからもがんばります!」とのことでした。おめでとうございます!

ph44

ph45

続いては同大会で準優勝の「ポンコツ@」さん。

ph46

「ここしばらくアンリミテッド環境をやりこんで自信がついたので出場してみたんです」とのことですが、その自信どおりの好成績をおさめられました。

「長丁場の戦いになるので、事故で負けるリスクをなるべく減らすよう、重いカードを採用しなかったことが勝利に繋がったんじゃないかと思います」と大会を振り返ります。

5月末に開かれる「RAGE」東京予選にも出場するとのことなので、もしかするとここから一気にスターダムに駆けのぼる姿が見られるかも!?

続いては3人チーム大会で全勝を遂げられた6チームの皆さんを紹介します。

まずはチーム「ルナのお友達」の皆さん。

ph47

なんとチームを組んだのは5月3日という急造チームながら、抜群のチームワークで見事全勝されました。2勝1敗で勝ち抜くケースが多かったとのことで、1人が負けてもチームメイトのがんばりで取り返せるチーム戦ならではの勝ち進み方を大いに味わったそうです。

続いては「TNK」の皆さんです。

ph48

Twitter上で知り合ったという皆さん。TNKは現在20人ほどのプレイヤーが所属しているチームとのこと。今回の全勝という結果で、チームに実績を持ち帰ることができてうれしいと口をそろえておっしゃっていました。現在もメンバー募集中とのことなので、気になった方は調べてみてはいかがでしょうか?

次に紹介するのは「ヴァナラ音楽隊」の皆さん!

ph49

チーム名の由来は《[[ホワイトヴァナラ]]》《[[森の音楽隊]]》のネタコンボデッキからとのこと。全員が高校生というフレッシュなチームです。

リーダーの方は《[[狂信の偶像]]》デッキしか持っていないため、アンリミテッドと2Pickができるお友達を誘って参加し、全勝の成績を残しました。

特に2Pick担当の方が5勝1敗と好成績を残したことが今回の結果につながったようです。「誘っておいてよかった!」と喜びをわかちあっていました。

続いては「お花畑」の皆さんを紹介しましょう。

ph50

大阪の豊中にあるコミュニティで『Shadowverse』をプレイしているという3人です。高校生大会で優勝した方もいるとのことで、日々レベルの高い環境でプレイしているとのことでした。これから「RAGE」などにも積極的に出場していくそうなので、西日本予選などでは常連プレイヤーになっていくかもしれませんね。

5チーム目は「受験うぃる!w」の皆さんです。

ph51

『Shadoeverse』を通じて知り合ったという3人。チーム名はチームメンバーに受験生がいるとのことで、一緒に調整していたグループの友人がつけたのだとか。個人成績は6勝、4勝、3勝という結果ながらチームとして全勝で、チームメイトのがんばりがうれしかったそうです。これからのことを聞くと『Shadowverse』もがんばりたいけど、受験も忘れられないですねと笑っていました。がんばれ受験生!

最後の1チームは「VoF」の皆さん。

ph52

20名ほどのプレイヤーで構成される「VoF」のメンバーであるという皆さん。「シャドバフェス!」初日はアンリミテッド大会で出ていたもののDay1落ちしてしまい、それだけで大阪に帰るのも……ということで急きょ参戦を決めたとのことです。アンリミテッド担当メンバーは昨日の反省を活かして今日は6勝0敗と絶好調。この勢いのまま「RAGE」に挑みますと、次のステップを見すえていました。

皆さん、おめでとうございます!

ph53

続いては2日間の2Pick大会で全勝された6名の方を紹介しましょう。

トップバッターはふらいごみさん!

ph54

2Pickのオススメリーダーはネメシス。オススメカードは《[[トイソルジャー]]》だそうです。もしかして……と思って聞いてみると、やっぱりもこうさんのファンだということでした。

続いては、しもん/VOPさんです。

ph55

オススメリーダーはヴァンパイア、オススメカードは《[[昏き底より出でる者]]》《[[ファントムキャット]]》だそうです。どちらも確実に仕事をしてくれるナイスカードですね。

お次は、ふう/UMTさん。

ph56

オススメリーダーはビショップ、オススメカードは《[[白翼の守護神・アイテール]]》。彼女から《[[グレートタウラス]]》を出すコンボがお気に入りとのことです。

続いては、寒ブリアさんです。

ph57

なんと2Pickの大会に出るのが初めてという寒ブリアさん。好きなリーダーはネメシスとドラゴンですが、好きなカードは《[[獅子の豪傑]]》だそう。自分でも思わぬ好成績に驚かれていました!

全勝者5人目はすなふきんさん。

ph58

すなふきんさんは3人チーム戦に出場するつもりが寝坊してしまったとのこと。チームでは2Pick担当だったため、代わりに本大会に出場して全勝したそうです。好きなリーダーはヴァンパイアで、オススメカードはアグロデッキの切札《[[邪悪なる妖精・カラボス]]》だそうです。

2Pick大会全勝者、最後の1人はたけちさん!

ph59

2Pickは資産を増やせるから好きだというたけちさん。オススメリーダーはネメシスで、オススメカードは《[[プライムアーティファクト]]》。消滅さえさせられなければゲームを決められるのがいいのだとか!

次のスタープレイヤーはここから現れるかも!?

「シャドバフェス!」内で開催された大会で優秀な成績を収めたプレイヤーの皆さんを紹介させていただきました。

皆さんのこれからの活躍を期待しています。

全3回に分けてお届けしている「シャドバフェス!」レポート、第2回はいかがだったでしょうか。

最終回の第3回では笑いあり、涙ありで数々の名場面を生み出したステージイベントの模様をお届けします。