シャドバフェス!レポート第3回「ステージイベント編」

サイト管理者_

サイト管理者_

ph01

Cygamesがおくる本格スマホカードバトル「Shadowverse」超大型イベント「シャドバフェス!」が2018年5月5日、6日の2日間、千葉県の幕張メッセで開催されました。

ご来場いただいた皆さま、インターネット配信でお楽しみいただいた皆さま、誠にありがとうございました。

本コラムでは、全3回でその模様をレポートします。第3回は「シャドバフェス!」の期間中、さまざまなイベントに数多くのゲストが登場し、多くの笑いと感動を生み出したステージイベントのレポートをお届けします。

Day1:「シャドバフェス!」いよいよ開幕!

「シャドバフェス!」初日の12時より、ステージではオープニングセレモニーが開かれました。セレモニーでは『Shadowverse』の木村プロデューサーが登壇し、2回目となる『Shadowverse』の大型イベント「シャドバフェス!」を開催できた喜びを語るとともに、当日開催となる『RAGE Shadowverse Pro League』が大きく盛り上がることへの期待を述べました。

_P9A4394

続いて、ステージには「しゃどばすチャンネル」でもおなじみのアリサ役・優木かなさん、エリカ役の石上静香さん、イザベル役の佐倉薫さんが登壇。「こんにちバース!」のかけ声に観客も一体となって「こんにちバース!」と返事をして、ステージは拍手と歓声に包まれました。

優木さんたちがパーソナリティを務める「しゃどばすチャンネル」のステージイベントや会場の各所で開催されるさまざまな大会が紹介されたあと、続いて、2日間会場を華やかに彩ってくれるコスプレイヤーの皆さんが呼び込まれます。

『Shadowverse』のキャラクターを精緻に再現した総勢13名のコスプレイヤーとクレイゴーレム、そしてハッピーピッグが登壇。コスプレイヤーの美しさと、そしてハッピーピッグのゴージャスさに会場が盛り上がります。

コスプレイヤーの撮影会や、脱出ゲームを数多く手掛けるSCRAPの手によるリアル脱出ゲームイベント、ゲーム内アイテムがもらえるスタンプラリーなどが続いて紹介され、オープニングセレモニーは終了。

「シャドバフェス!」のメインイベントの1つである「RAGE Shadowverse Pro League」の開幕戦が行われました。開幕戦にはあのガチャピンとムックがかけつけ、応援団になるとともに開幕戦の間に行なわれるキャンペーンのプレゼンターに就任することが発表されました。

午後になってもステージは目の離せないイベントが目白押し!

「RAGE Shadowverse Pro League」開幕戦の後、ステージでは「第3回シャドバミー賞」の授賞式が行われました。「シャドバミー賞」とは、日ごろ動画配信などで『Shadowverse』を盛り上げている方を、他薦によって募集を行ない、表彰するというものです。ここでプレゼンターとして優木かなさんと木村プロデューサーが登壇、司会をバトンタッチします。

ph11

続いて、今回の受賞者となった方たちが登壇します。今回「シャドバミー賞」を受賞されたのはオタクさん、深埼史安芸さん、マトモさん、カクテルさん、あっくさん、ぺいんさんの6名。

いずれも斬新なコンボデッキで視聴者を驚かせたり、MPランキング1位を目指して奮戦していたり、初級者から上級者までテクニックが学べるように解説をしていたりと、さまざまな魅力を持つ動画投稿者の皆さんです。

この日、会場にはあっくさんを除く5名の受賞者が来場しており、順にステージに招かれると、それぞれに受賞の喜びを語りました。

ステージでは皆さんの動画が映し出され、それに木村プロデューサーがコメントを述べるとともに受賞者を祝福しました。「第3回シャドバミー賞」受賞作品などはこちらのページからご覧いただけます。『Shadowverse』愛の詰まった珠玉の作品をぜひご視聴ください。

もはやメインイベント!? 「しゃどばすチャンネル」出張版ステージ!

「第3回シャドバミー賞」授賞式のあとは「しゃどばすチャンネルSP シャドバフェス!出張版 DAY1」がスタート。優木かなさん、石上静香さん、佐倉薫さんが再び登壇し軽快なトークで客席をわかせながら、本日のコーナーを紹介していきます。

続いて、スペシャルゲストとしてイリス役・井上喜久子さんと木村プロデューサーが登壇。井上さんの「17歳です♪」のセリフに会場一体となって「オイオイ!」とツッコミをいれるお約束の一幕で賑やかに会場が盛り上がります。

今後の『Shadowverse』のイベントなどを告知する「しゃどばすインフォメーション」のコーナーとルナ役・小倉唯さんからメッセージを挟んで、ステージでは「しゃどばすかるた選手権」が行われます。

これはローディング中などに表示されるカードのフレイバーテキストを読んで、そのカードのかるたを取るというもの。井上さんが読み手となり、優木さん、石上さん、佐倉さんの戦いとなります。

体を押しのけたり、抱きついたりもアリというルールだったため、徐々にヒートアップする3人の戦いに客席から大きな応援の歓声が上がっていました。

ph20

続いてユリウス役・諏訪部順一さんからもメッセージが到着。そして、コーナーは普段見られない『Shadowverse』のデータを公開する「Shadowverseデータレポート」に。各リーダーごとの最多勝利数やリーダースキンの保有率、プレミアムオーブが使われたカードランキングなど興味深いさまざまなデータが開示されました。

続いて本日最後のコーナー「勝手に次回予告」へ。

「シャドバフェス!」2日目の「しゃどばすチャンネル」の内容を予告するというものですが、各々が自由な発想で予想をしたため、内容は混とんとしたものに。客席を大いに沸かせつつ、この日のステージイベントは終了となりました。

DAY2:この日もステージは大盛り上がり!

「シャドバフェス!」2日目は前日に続いてオープニングの後「RAGE Shadowverse Pro League」の対戦が行われました。そして、午後からは「シャドバフェス!」のために集まった14名のコスプレイヤーによる、コスプレショーが開催されました。

_P9A5323

ph30

ph31

ph32

第8弾カードパックからは《[[ブラッドクイーン・ヴァンピィ]]》《[[アマテラス]]》《[[ツクヨミ]]》の3キャラクターのコスプレイヤーさんも加わり、ステージを華やかに盛り上げていました。

_P9A5609

また、この日は「しゃどばすチャンネル」だけでなくTOKYO MX1で放送されている「シャド場」の公開収録も行われました。

千鳥のノブさん、大吾さんと『Shadowverse』プロダクトマネージャーの森が司会を務め、「シャド場」チームと、AbemaTVで配信されている「田村淳のシャカリキ!シャドウバース」からパンサーのお2人が率いるチームの対戦が開かれました。

対戦の前は和やかなムードでトークが行われていましたが、いざ対戦となると両チームともに真剣な表情に。プロリーグとは異なる、それでも見る者を引き付ける熱い戦いが繰り広げられ、惜しくも敗れたプレイヤーは涙を流し、そしてそれをチームメイトが優しく迎え入れて慰める、感動的なシーンがいくつも生まれました。

続いて前日に引き続き「しゃどばすチャンネル」の出張版に。この日は《[[ベルエンジェル]]》役の大関英里さんがゲストで登場。《[[ベルエンジェル]]》の代名詞である「りんごん♪」のセリフを随所にさしはさみ、会場を盛り上げてくれました。

_P9A5958

そして、いよいよ2日にわたって盛り上がった「シャドバフェス!」もエンディングの時間に。ステージには再び、優木さんらが登壇しこの2日間を振り返りました。

優木さんは「アリサ」を演じるようになり『Shadowverse』と出会って世界が広がった。こうやってイベントでプレイヤーに会うと「ありがとう」という気持ちになると、2日間を振り返って語りました。

こうして「シャドバフェス!」は閉幕しましたが、登壇者たちが降壇したあとも、観客の皆さんの拍手は長い間鳴りやまずにいました。

2日間、手に汗を握る熱戦やたくさんの笑い、そして感動がこのステージからは生まれました。あらためてステージをご覧いただいたすべての来場者と視聴者の皆さんに御礼を申し上げます。

3回にわたってお届けしました「シャドバフェス!」レポート、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

これからのイベント会場で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

今後とも「シャドバフェス!」「Shadowverse」をよろしくお願いいたします!