kuroebiのトーナメント指南 第26回:あの熱戦をもう一度! 5月イベント振り返り

kuroebi

kuroebi

shadowverse

Shadowverse正式リリースから1年という節目の時期、怒涛のイベントラッシュとなった5月がようやくひと段落。

今回のコラムでは、5月のイベントを改めて振り返っていきたいと思います。

RAGE vol.4 Tempest of the Gods

Rage_logo_WH

8/3072。

大阪と東京という二度の予選を経て、数多いた選手たちがついにここまで絞られました。

 

RAGEのテーマでもある「次世代スターの発掘」、そして過去の大型賞金大会で活躍した選手のその後を見るに、勝利して得るものの大きさというものを、ファイナリスト8名は今ひしひしと感じているのではないでしょうか。

5月20日に行なわれたGrand Finals組み合わせ抽選会によって、まずは初戦で当たる対戦相手が決定しました。5月23日のアップデートによって新たな環境でのGrand Finalsとなること、そして3リーダー制BO5という予選とは異なるルールが、当日まで選手たちの頭を悩ませ続けると思いますが、6月10日のGrand Finalsでの激戦を期待しましょう!

組み合わせ_写真

(写真提供:RAGE)

【抽選会&記者会見】RAGE Shadowverse Tempest of the Godsファイナリスト勢揃い!抽選会&記者会見(チャットなし版)

 

みんなでバトろうシャドバフェス~Shadowverse Festival 2017~

シャドバフェス_ロゴ

 

ゴールデンウィーク最後の2日間に開催されたシャドバフェスは、さまざまなコンテンツを取り揃えた一大イベントでした。来場者が参加できる大会や物販コーナーも大盛況、そして2日目にはメインステージエリアが解放され、そこでもたくさんの催しが行なわれました。

特にメインステージ最後の催しとなった、RAGE vol.3覇者のま選手とファミ通CUP2017チャンピオンふぇぐ選手のエキシビジョンマッチでは観客席からどよめきが起こるほどのビッグプレイも飛び出し、記憶に残るフィナーレだったかと思います。

エキシビション_画像

来場者の年齢層も若く、特に会場で開かれた大会は年齢制限も設けていなかったので、初めての大型大会への参加に胸を躍らせている中高生の姿が多く見られました。高校生選手権の開催も決まり、これから若い世代の活躍を目にする機会も増えるかもしれませんね。

Shadowverse初の国際試合! 日韓戦

082_ch_korea

OPENREC.tv https://www.openrec.tv/live/nMYf803cENH

5月21日に開催された日韓戦。ここで日本最強チームと銘打たれた4人の重圧は、想像を絶するものだったかと思います。

すでに実績を残している4人とはいえ、韓国というアウェーの地、そしてチーム戦という個人戦とは違う雰囲気の中、「負けることは許されない」とまで思っていたかもしれません。幸いだったのは韓国代表の4人や現地のShadowverseファンの皆様が日本チームを本当に暖かく迎えてくれたことです。

S__13033533

日韓戦の会場では来場者による優勝賞金100万ウォン(約10万円)を賭けたトーナメントや、Shadowverseグッズの当たるクイズ大会が催され、非常に盛り上がった雰囲気の中で日韓戦はスタートしました。

1番手のtemmy選手、2番手のSKIRGE選手の連勝で一気に王手をかけましたが、ふぇぐ選手、ま選手が僅差で敗れ、スコアは2:2に。運命の代表戦に登場したのは初戦を勝利で飾った日本のtemmy選手と、ふぇぐ選手を破った韓国のKimyoungDDI選手。

こちらも最終戦までもつれ込みましたが、temmy選手がネクロマンサー対決を制し、日本代表の勝利となりました。

S__2744508

MVPには代表戦を勝ち切ったtemmy選手が選ばれました。temmy選手は毎週末開催しているオンライン大会「JCG OPEN」での好成績を評価されての代表入りでしたが、これまで大型賞金大会にエントリー自体してこなかったということで、チームメイトの3人ほどには知られていない存在でした。しかし自身の実力をいかんなく発揮して勝利する姿に頼もしさを感じましたし、また日本の選手層の厚さというものを体現してくれたと思います。

これからShadowverseが世界へ拡大するとともに、国際戦の開催も増えていくでしょう。その際には第2、第3のtemmy選手のような新たなスタープレイヤーの登場も見られるかもしれません。あなたもぜひ、「日本代表」の座を目指してみませんか?

 kuroebi
kuroebi

ゲームライターおよび解説者。 デジタルTCGのプレイヤーとして数々の成績を挙げ、現在は主にWEB実況配信における解説者として活動。アジア大会などさまざまな大会で解説を行ない人気を博する一方、動画解説記事の執筆も手がけている。 シャドバで好きなクラスは、スペルが強力なウィッチ。

kuroebiの記事はこちら